欧州中央銀行が「digital euro(デジタル・ユーロ)」の商標登録申請

欧州中央銀行が「digital euro(デジタル・ユーロ)」の商標登録申請

欧州中央銀行(ECB)が「digital euro(デジタル・ユーロ)」という用語の商標登録を9月22日に申請したことがブルームバーグ(Bloomberg)の報道によって10月1日に明らかになった。

欧州連合知的財産局のウェブサイトによると、商標登録の出願は欧州中央銀行の法定代理人であるボック・リーガル(Bock Legal)氏によって行われたとのことだ。

欧州中央銀行のクリスティーヌ・ラガルド(Christine Lagarde)総裁は「数日以内にデジアル・ユーロに関する公開協議を開始します。ユーロシステムはこれまでのところ、デジタルユーロを導入するかどうかを決定していません。しかし世界中の他の多くの中央銀行と同様に、デジタルユーロ導入のメリット、リスク、運用上の課題を探っているところです。我々には通貨が欧州の人々に十分なサービスを提供し続けることができるように、決済の革新のリスクと便益のバランスをとるために積極的な役割を果たす義務があります」と先週の欧州議会での演説で述べていたとブルームバーグが報じている。

編集:竹田匡宏(あたらしい経済)

(images:iStock/Nerthuz・Nadiinko)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事