バイナンスが第2の独自ブロックチェーン「Binance Smart Chain(バイナンススマートチェーン)」のメインネットをローンチ

バイナンスが第2の独自ブロックチェーン「Binance Smart Chain(バイナンススマートチェーン)」のメインネットをローンチ

大手暗号資産(仮想通貨)取引所であるBinance(バイナンス)が独自ブロックチェーンであるBinance Smart Chain(バイナンススマートチェーン)のメインネットをローンチしたことを9月1日に発表した。

Binance Smart Chainは、2019年に稼働を開始したBinance Chainとは別のチェーン。Binance Chainと異なる点として、Binance Smart Chainはスマートコントラクトやバイナンスの暗号資産BNBのステーキングに対応している。

さらにBinance Smart Chainはコンセンサス・アルゴリズムにProof of Authority(PoA)とDelegated Proof of Stake(DPoS)を組み合わせたProof of Staked Authority(PoSA)を採用することで、3秒に1回という高速なブロック生成スピードを実現しているとのこと。

またBinance Smart ChainとBinance Chainはクロスチェーン対応しており、ユーザーや開発者が2つのチェーン間で資産を自由に移動することができる。

Binance Smart Chainは主にDeFiなどの分散型アプリケーションの構築を目的としており、すでに多くのDeFiプロジェクトがBinance Smart Chainに参加しているとのことだ。

編集部のコメント

Binance Smart ChainはDeFiの盛り上がりとDapps開発のニーズの高まりを受けて計画されたチェーンであり、4月のホワイトペーパー発表から5ヶ月弱でメインネットのローンチを果たしました。

コメント:小俣淳平(あたらしい経済)

(images:iStock/your_photo)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【4/12話題】ワールドコインのユーザー数が1000万人、メルカリのビットコイン取引サービス利用者数200万人など

ワールドコイン(WLD)、「World App」ユーザー数が1000万人突破、メルカリのビットコイン(BTC)取引サービス、利用者数200万人突破。サービス開始1年で、米サークル、ブラックロックのトークン化ファンド「BUIDL」を「USDC」に交換可能に、川崎重工とSettleMint、ブロックチェーン活用による品質管理の実証実験、GMOコイン、レバレッジ取引に6銘柄追加。ソラナ(SOL)やコスモス(ATOM)など、米ドルステーブルコイン「FDUSD」、Sui(SUI)上にローンチ、Bitfinex Securities、ヒルトンホテルへの資金提供としてエルサルバドル初のトークン化債券を導入、バイナンス、米当局と和解後にコンプライアンス遵守へ向け注力、新CEO語る、a16z crypto、ゼロ知識証明を用いたソリューション「Jolt」リリース、米クラーケン、アイルランドとベルギーで「モネロ(XMR)」上場廃止へ