韓国銀行が中央銀行デジタル通貨(CBDC)システム構築の第2段階へ向けて提携企業を募集

韓国銀行が中央銀行デジタル通貨(CBDC)システム構築の第2段階へ向けて提携企業を募集

韓国の中央銀行である韓国銀行が中央銀行デジタル通貨(CBDC)のパイロットシステム構築のために韓国国内の企業とコンサルティング・パートナーシップを提携することを8月30日に発表した。

コリア・タイムズの報道によると、先月8月に韓国銀行はCBDCの第一段階である検討フェーズを終えたとのこと。そして今回CBDCのパイロットシステム構築に向けた第2段階へ移行するため、韓国銀行は提携する企業の募集を開始したという。

また韓国銀行がコンサルティング・パートナーシップを提携する企業には、パイロットシステムのアーキテクチャ面での支援が行われるとのこと。このアーキテクチャ面にはアプリケーション、データ管理、セキュリティなどのCBDCシステム全体の構造が含まれるとのことだ。

なお韓国銀行は2021年末までに独自のCBDCシステムのパイロットテストを開始する予定だ。

編集部のコメント

韓国銀行は2019年時点ではCBDCに対して消極的なスタンスを取っていました。しかし今年に入りその姿勢を一転させ、2月に研究グループを発足し、4月にはCBDCに関する今後のスケジュールを発表しています。

この発表されたスケジュールによると「2020年末までにCBDCの技術的検討を完了させ、2021年中にはパイロットシステムを構築する」としています。そのため今回韓国銀行がCBDCのパイロットシステム構築に向け始動したということは、韓国銀行によるCBDCの研究開発は予定より早く進んでいることだと思われます。

コメント:小俣淳平(あたらしい経済)

(images:iStock/stockdevil・Guzaliia-Filimonova)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【6/14話題】イーサリアム現物ETFの米承認は今夏中か、BORAが国内初上場へ、マイクロストラテジーの転換社債など

米SEC委員長、イーサリアム現物ETFの上場承認は「今夏中」と発言、欧州銀行監督機構、間もなく発効のMiCA遵守に基づき企業に遵守求めるガイドライン公表、国内初、Zaifにボラ(BORA)上場へ、マイクロストラテジーが5億ドルの転換社債を販売へ、ビットコイン追加購入目的で、ZKsyncの「ZK」エアドロに抗議集まる、上場中止を求める声も、コインベースにweb3ゲームの「Pirate Nation(PIRATE)」上場へ、ニア財団、NEAR DAなど推進の独立組織「Nuffle Labs」設立、DEX「Sushi」、DAOと評議会を統合した新ガバナンスモデル導入、ソラナラボ、海外ブランド向けロイヤルティプラットフォーム「Bond」立ち上げ、USDC発行の米サークル、「プログラマブルウォレット」をソラナ対応開始

Sponsored