米投資信託会社Fidelity(フィデリティ)がビットコインファンドの提供を計画

米投資信託会社Fidelity(フィデリティ)がビットコインファンドの提供を計画

米国大手投資信託会社Fidelity(フィデリティ)がビットコインファンドの設立を通知する書類を米国証券取引委員会(SEC)に提出したことが8月26日に明らかになった

提出書類によると提供予定のビットコインファンドの運用会社の名称は「Wise Origin Bitcoin Index Fund I(ワイズ・オリジン・ビットコイン・インデックス・ファンド・アイ)」であり、所在地はボストンのフィデリティ本社と同じオフィスとなっている。この新事業の運営には、フィデリティの幹部でフィデリティ・コンサルティングの責任者であるPeter Jubber(ピーター・ジュバー)氏が関わるとのことだ。

また最低投資額が10万ドルとなっていることから、このファンドは機関投資家やフィデリティの認定投資家などの大口の顧客を対象としたファンドであると見込まれる。

編集部のコメント

フィデリティは2013年からデジタルアセットの研究を開始し、2015年からはマイニング事業に着手するなど、早い段階からデジタルアセットへの関心を示しています。さらにフィデリティは2018年にビットコインなどのデジタルアセットに投資を行う機関にカストディサービスやトレードサービスなどを提供する新会社「Fidelity Digital Assets(フィデリティ・デジタル・アセッツ)」を設立しています。同社は2019年11月にニューヨーク州の金融サービス局から認可を受け、BitLicenseを取得しています。

コメント:小俣淳平(あたらしい経済)

(images:iStock/Panuwat-Sikham)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【2/22話題】スターテイルがサムスンらから約5億円調達、エルフトークン(ELF)の付与延期「協議中の事項」でなど

アスター渡辺創太のスターテイル、サムスンとUOB銀行から約5億円の追加調達、国内5例目IEO「エルフトークン(ELF)」の付与延期、ハッシュパレットとビットフライヤーで「協議中の事項」により、PBADAO、暗号屋、幻冬舎がブロックチェーンエコシステム研究所「TRI」発足、ユースケースが学べるレポート公開、Zaifが今春からステーキングサービス提供へ、チューリンガムと共同開発で、オーケーコインジャパンにソラナ(SOL)上場へ、メタマスクの「セキュリティアラート」、ポリゴンやアバランチ、BNBチェーンなどでも利用可能に、イーサリアムL2のOptimism、4回目の「OP」エアドロップ開始、韓国与党、暗号資産収益への課税を2年延期の提案=報道、バイナンス、レバレッジトークンのサービス廃止へ、Japan Fintech Weekサイドイベント「MPCウォレットFireblocksが変えるWeb3金融ビジネス」2/28開催

【国内初】オーケーコイン・ジャパンにアプトス(Aptos)上場へ、2月26日よりAPTが当たるキャンペーンも

国内暗号資産(仮想通貨)取引所オーケーコイン・ジャパン(OKCoinJapan)が、アプトス(APT)の上場予定を発表した。上場は2月26日17時の予定で、アプトス(APT)の取り扱いは国内の取引所では初の事例となる。なお今回の発表に合わせ、同社はAPT上場記念キャンペーンの開催も発表した(詳細記事後半)。

Sponsored