フィナンシェが​本田圭佑氏オーナーのサッカークラブのトークンを発行

フィナンシェが​本田圭佑氏オーナーのサッカークラブのトークンを発行

ブロックチェーンを利用した次世代型SNSサービス「FiNANCiE」を運営する株式会社フィナンシェが、本田圭佑氏がオーナーを務めるアフリカ・ウガンダ共和国のプロサッカークラブチーム「SOLTILO Bright Stars FC」のクラブトークンを発行し、初期サポーターの募集を開始したことを8月27日発表した。

本田圭佑氏は「今回、僕らが経営するウガンダのブライトスターズがフィナンシェとコラボできるということで、大変嬉しく思っています。クラブトークンを持っていただき、正式なサポーターとしてブライトスターズの将来を一緒に応援し合える仲間を集めることが今回の目的となります」とコメントしている。

またSOLTILO Bright Stars FCのGMである大場由太氏は『(ブライトスターズは)今は単なる「日本から遠く離れた、アフリカのとあるサッカークラブ」かもしれません。しかし、皆様の温かいご支援をいただくことで、それがクラブの血となり肉となり、確実にクラブの成長へ繋がります。クラブの成長は、ウガンダの子どもたちの夢に、明日への希望になります。長い目でクラブを経営し続け、将来はサッカーを通した教育や就労支援に繋げることこそが、SOLTILOがウガンダのクラブを運営する意義だと信じています。まずは、一番強く誰もが憧れるクラブへ。そして、人材交流を軸にウガンダと日本が繋がり、唯一無二の価値を提供できるアフリカのビッグクラブへ。皆様からのご支援を、心よりお待ちしております』とコメントしている。

初期サポーター募集期間は8月27日08:00~9月30日23:00となっている。

サポーター特典として支援額に応じてSOLTILO Bright Stars FCの2020-21クラブ会員証や公式ユニフォーム、ウガンダコーヒーなどが用意されているとのことだ。

プロジェクトの詳細はこちら

編集部のコメント

「FiNANCiE」はアーティストや俳優、アスリートなど夢を達成したい人やグループがオーナーとなって「FiNANCiE」上で発行するトークン販売・特典でサポーターを募集し、トークンをコミュニティ活動に利用することでファンと継続的に応援してもらえる関係を築くことができるコミュニティサービスです。

あたらしい経済では「FiNANCiE」について過去に特集記事を公開しています。 ドリーム・シェアリング・サービス「FiNANCiE」の正体

コメント:大津賀新也(あたらしい経済)

(images:iStock/Matrosovv・artsstock)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【9/22の話題】GMOトラストとINXが提携、Internet Computer(ICP)がビットコインに接続予定など(音声ニュース)

GMOトラストとINXが提携、ステーブルコイン「GYEN」と「ZUSD」上場へ、DFINITY財団「Internet Computer(ICP)」、ビットコインへの接続予定を発表、米フィギュア、米国規制に準拠した形でデジタル証券取引を完了、暗号資産取引所「FTX」、利用制限の対象国に日本を追加、オーケーコインジャパンがIOST保有者へのDONエアドロップに対応、国内取引所で対応分かれる、バイナンス、オーストラリアで先物やオプションなどの取引停止へ、米オスプレイ、ポリゴン(Polygon/MATIC)の投資信託発表、オランダ投資銀行ABNアムロ、パクソスの決済ソリューションに参加、米コインベースが暗号資産貸付サービス提供を中止、【取材】芥川賞作家 上田岳弘、Loot系NFT「Obsession2020」をグラコネと発行、「福岡県ブロックチェーンフォーラム」11月15日開催、「NFT」と「トレーサビリティ」のセッション予定