北米コカ・コーラがBaseline Protocolを介してイーサリアムメインネット上で生産ネットワーク構築を目指す

北米コカ・コーラがBaseline Protocolを介してイーサリアムメインネット上で生産ネットワーク構築を目指す

北米コカ・コーラのビジネスITプラットフォームを開発するCONA Services(Coke One North America:コナ・サービス)が、イーサリアムを利用したサプライチェーン基盤「Coca Cola Bottling Harbor」の設立を目指すことを8月3日に発表した。

「Coca Cola Bottling Harbor」はイーサリアムを利用してパブリックな生産ネットワークを構築し、コカ・コーラのサプライチェーンに関係する企業が障壁なく生産ネットワークに参加できるようにすることを目的としている。コカ・コーラグループ内部のサプライヤーのみならず、サプライチェーンに関与する外部企業(たとえば缶やボトルを製造する企業など)も生産ネットワークにアクセスできるようになるとのこと。

「Coca Cola Bottling Harbor」のイーサリアムへの統合にはBaseline Protocolが利用される。このプロトコルはイーサリアムメインネット上で低コストかつ安全なプライベートビジネスプロセスを構築することを可能にするオープンソースイニシアチブです。

Baseline Protocolを利用することでパブリックなイーサリアムメインネットを常時有効な参照フレームとして使用することができ、複雑でプライベートな組織間ビジネスプロセスの自動化およびDeFiやアセットのトークン化などの拡張性の確保が可能になるとのこと。

これらをバイヤーとサプライヤーの関係に適用すると、注文書の改ざんなどが確認できない、人為的ミスによる誤発注が発生するなどの課題を改善することができるとされている。

このプロジェクトはCONA Servicesが主導し、Baseline Protocolの導入などの技術面にはProvide 、Unibrightの2社のブロックチェーン企業が携わる。2020年第4四半期に同プロジェクトの最初の結果を公表する予定とのことだ。

編集部のコメント

CONA Servicesは2016年に設立された北米のコカ・コーラのボトリング事業のためのITプラットフォーム「CONA」を提供する企業です。同社はコカ・コーラの生産に関与するボトラー企業に対してデジタルビジネスのイノベーションを可能にするサービスを提供し、ボトラー企業が最適な運営を行えるよう支援しています。

「CONA 」には2019年11月に、ドイツのSAP(エスエーピー)社のBaaS上で動作するHyperledger Fabricをベースとしたブロックチェーンプラットフォームを採用しています。このプロジェクトは70のボトラー企業の企業間の関係を合理化することを目的として行われ、結果的にボトラー企業の複雑なサプライチェーンの透明性と効率性を高めることが証明されました。

Baseline Protocolはゼロ知識証明などの暗号技術を用いてプライベートな情報を秘匿化しつつイーサリアムのパブリックチェーンを利用できるプロトコルです。このプロトコルにより、企業間の機密性の高い複雑なコラボレーションが、機密データをオンチェーンに残すことなく可能になります。Baseline Protocolは2020年3月に立ち上げられたプロジェクトであり、会計事務所EY、ConsenSys、Microsoft、Unibrightを含む14の企業が同プロジェクトの開発団体に属しています。

コメント:小俣淳平(あたらしい経済)

(images:iStock/antoniokhr・liuzishan・Lidiia-Moor)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【6/16の話題】Adam byGMOが8月提供開始、WWW考案者がソースコードのNFT販売など(音声ニュース)

新会社「GMOアダム株式会社」の設立、NFTマーケットプレイス「Adam byGMO」は8月に提供開始、坂本龍一氏、村上龍氏、原田マハ氏、西野亮廣氏もNFT参入、Adam byGMOで、WWW考案者ティム・バーナーズ=リー、サザビーズにてソースコードをNFT販売、デジタル銀行シグナム、Aave、UniswapなどDeFiトークンのサービス提供開始、バーバリーがNFT参入、ゲーム「Blankos Block Party」内で販売、分散型デリバティブプラットフォームdYdX、約70億円の資金調達、ポルシェ関連会社、NFTマーケットプレイスをローンチ、Chiliz(CHZ)、ShibaInu(SHIB)、Keep Network(KEEP)、コインベースプロに上場、クラーケンにSolana(SOL)とSerum(SRM)が上場、MCH、クリプトゲームスらから資金調達、NFTサッカーゲームSorare、フランス代表の選手カード発行

【速報】坂本龍一氏、村上龍氏、原田マハ氏、西野亮廣氏もNFT参入、Adam byGMOで

会見では、初めにGMOインターネット株式会社代表取締役会長兼社長 グループ代表の熊谷正寿氏によるプレゼンテーションが行われ、その後今後AdamでNFTを発行する予定の、西野亮廣氏、まふまふ氏、武尊氏、中村拓己氏がゲストトークで登壇、それぞれがNFTの可能性について語った。

デジタル銀行シグナム、Aave、UniswapなどDeFiトークンのサービス提供開始

スイスデジタルバンクのシグナム銀行(Sygnum Bank)が主要な分散型金融(DeFi)トークンであるAave、Aragon、Curve、Maker、Synthetix、Uniswap、1inch Networkのカストディおよび取引サービスを開始したことを6月15日に発表した。あわせてシグナム銀行はステーブルコインであるUSDCのサービス追加も発表した。

Chiliz(CHZ)、ShibaInu(SHIB)、Keep Network(KEEP)、コインベースプロに上場

米暗号資産(仮想通貨)取引所Coinbase(コインベース)が、同社が提供する個人トレーダー向けプラットフォームCoinbase Pro(コインベースプロ)にて、暗号資産Chiliz:チリーズ(CHZ)、ShibaInu:シバイヌ(SHIB)、Keep Network:キープネットワーク(KEEP)の3銘柄を新たに上場したことを6月16日発表した。