米保険ブロックチェーンコンソーシアムRiskstream(リスクストリーム)が非接触型保険証明アプリのテストを完了

米保険ブロックチェーンコンソーシアムRiskstream(リスクストリーム)が非接触型保険証明アプリのテストを完了

米国の保険業界に関するブロックチェーンコンソーシアムであるRiskstream Collaborative(リスクストリーム・コラボラティブ)が、同コンソーシアム内で非接触型保険証明アプリのテストを完了したことを7月28日に発表した。

このアプリケーションはQRコードやアクセスキーを用いて保険会社へ接続し、ブロックチェーンを用いてリアルタイムで保険情報の検証を行うアプリケーションである。

このアプリケーションを利用することで、被保険者が事故に遭った場合、保険契約者間で行われる保険情報の共有や警察当局への情報提示などの保険処理プロセスを非接触で行うことができる。また従来のように紙ベースの保険証明を使う必要がなくなるため、他人との不必要な接触を避けることができるようになるとのこと。

このアプリケーションはRiskstreamが開発を行うブロックチェーンフレームワーク「Canopy(キャノピー)」上で稼働するアプリケーションのひとつとのことだ。

編集部のコメント

Riskstreamは保険やリスク管理に特化したアメリカのブロックチェーンコンソーシアムです。現在40以上の企業や組織が加盟しており、R3社のCordaを基盤としたブロックチェーンフレームワークであるCanopy(キャノピー)上に保険アプリケーションの構築を行っています。

Canopyは、複数の保険会社が関わる保険金請求プロセスにおいて、ブロックチェーンを用いて安全にリアルタイムで処理を行うフレームワークであり、今年2月にはその運用テストの完了が発表されています。またCanopy上で稼働するアプリケーションの開発も進んでおり、今回の非接触型保険証明アプリを含め、2020年内に3つのアプリケーションを発表する予定とのことです。

今回のアプリケーションでは「非接触」であることをかなり強調しており、新型コロナウイルスの流行によって、プロダクト開発においても「他人との接触を避けること」に対する優先度が高まっていることがうかがえます。

コメント:小俣淳平(あたらしい経済)

(images:iStock/Panuwat-Sikham・Igor-Korchak・inkoly)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【9/30話題】バイナンスがETHWのマイニングプール提供、ワーナーミュージックとオープンシー提携など(音声ニュース)

バイナンスがPoW版イーサリアム「ETHW」のマイニングプール提供開始、1か月は無料で、ワーナーミュージックとオープンシー提携、Music NFTプロデュースへ、メタマスク、暗号資産やNFT一覧表示機能「Portfolio Dapp」β版を公開、DG Daiwa Venturesがアフリカ暗号資産取引所「Yellow Card」へ出資、Polychainらと、ビットポイントがIOSTのネットワークノード参加、ステーキングサービスも今後展開へ、アバランチ(AVAX)活用の再保険「Re」、シードラウンドで約20億円調達、共和党議員ら米国個人年金制度(401k)の投資先拡大する法案提出、暗号資産も対象に、米ブラックロック、欧州でブロックチェーン関連企業ETF発売、USDCのサークル、決済システム企業エレメンツ買収、暗号資産決済の簡略化目指す、BISやイスラエル・ノルウェー・スウェーデンの中銀、CBDC調査プロジェクト開始、フェイスブックとインスタの「NFT投稿機能」全米ユーザー利用可能に、クロス投稿も、FTXグローバル、「Synapse (SYN)」取り扱いへ、バイナンス、ニュージーランドで「金融サービス提供ライセンス」取得、フラクトン、ファイルコイン(FIL)開発のプロトコルラボと協業、京都府丹後にコミュニティ通貨「コッペ」導入、カヤック「まちのコイン」活用で、日本ガイシとリコー、BC活用の電力デジタルサービス事業化で合弁会社設立へ、Bリーグ所属3チームがFiNANCiEでNFT配布、岩手ビッグブルズ・佐賀バルーナーズ・鹿児島レブナイズ、堤幸彦、本広克行、佐藤祐市の「SUPER SAPIENSS」、ジェネレーティブNFT販売へ

Sponsored