タイの中央銀行がデジタル通貨(CBDC)を大企業との取引に利用

タイの中央銀行がデジタル通貨(CBDC)を大企業との取引に利用

タイの中央銀行であるタイ銀行(Bank of Thailand:BOT)が一部の大企業との取引に中央銀行デジタル通貨(CBDC)を利用したことを地元メディアThe Nationが7月16日報じた

The Nationの報道によると、BOT副総裁のVachira Arromdee(ヴァチラ・アロムディー)氏が7月15日に開催されたメディア説明会で、BOTが開発したCBDCを既に一部の大企業との取引に利用を進めており、さらにその活用を拡大していくことを明かし、また9月には香港金融管理局(HKMA)との取引にCBDCの利用を開始する予定であると話したとのこと。

アロムディー氏はCBDCに対しての自身の考えを「金融取引の仲介者が不要になることで、商業銀行にマイナスの影響を与える可能性がある」とし、一方では「金融取引のコストを下げることにもなるだろう」と話したとのこと。 

またアロムディー氏はCBDCの一般利用について「金融安定性への影響を含め長所と短所を慎重に検討する」と話したとのことだ。

編集部のコメント

タイ銀行(BOT)は2019年5月より共同CBDC研究プロジェクト「Project Inthanon(プロジェクトインタノン)」を開始しています。2020年1月には同プロジェクトの一環として香港金融管理局(HKMA)を始めタイと香港の銀行10行とともにクロスボーダーによるCBDC送金システムのプロトタイプの開発を行っています。

なお技術パートナーとしてR3も参加をしており、同システムにはcordaが基盤として利用されています。

またBOTは今年6月17日にタイの公的債務管理局によるブロックチェーンを利用した貯蓄債の発行の発表と、6月19日にはCBDCを利用した企業向け決済システムのプロトタイプを開発するプロジェクトを発表しており、タイ政府・タイ銀行ともに金融インフラのデジタル化を積極的に推進していることがうかがえます。

BOTメディア向け説明会資料:https://www.bot.or.th/Thai/AboutBOT/Activities/Documents/MediaBriefing2020/MediaBriefing_15072020.pdf https://www.bot.or.th/Thai/AboutBOT/Activities/Documents/MediaBriefing2020/MediaBriefSummary_Statement.pdf

コメント:大津賀新也(あたらしい経済)

(images:iStock/Irina-Shibanova)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【速報】約6.3ETH(約276万円)で落札、箕輪厚介編集長の雑誌「サウナランド」電子書籍出版権NFT

NFT事業や「FiNANCiE」を提供する株式会社フィナンシェが、NFT事業において箕輪厚介編集長のサウナ専門雑誌「サウナランド」の電子書籍をNFTとして発行し、オークションを開催していた。 そして本日5月11日21時59分に終了予定だったオークションは、終了直前に入札が相次ぎ、延長の末23時分に終了した。

デジタル人民元が中国人民銀行提供のウォレットで利用可能に、UBS証券の富裕層顧客向けサービスなどのニュース解説ラジオ

デジタル人民元、アリペイおよび中国人民銀行のモバイルウォレットで利用可能に、中国の暗号資産サービス企業バベル・ファイナンス、セコイアチャイナらから約40億円の資金調達、UBS証券、富裕層顧客向けデジタル資産投資サービスを検討開始、暗号資産預け入れサービス「ジェミナイ・アーン」にてDOGE、SUSHI、INJ、MATICのサポート開始、Internet Computer(ICP)、新たにバイナンスとKuCoinに上場、ブロックチェーン活用の新型コロナウィルス陰性デジタル証明書、カリブ海アルバ島にて試験運用、アバカスが暗号資産交換業を撤退、申請も取り下げに、ソーシャルカラオケアプリ「SOMESING for LINE Blockchain」が正式ローンチ

暗号資産預け入れサービス「ジェミナイ・アーン」にてDOGE、SUSHI、INJ、MATICのサポート開始

暗号資産(仮想通貨)取引所とカストディアンサービスを運営する米ジェミナイ(Gemini)が、同社の提供する暗号資産預け入れサービス「ジェミナイ・アーン(Gemini Earn)」にてドージコイン(DOGE)を年利(APY)2.25%にて取り扱いを開始することを5月9日発表した。なおジェミナイはドージコインの取り扱いを5月4日より開始している。