中央銀行デジタル通貨(CBDC)についての米上院公聴会で専門家は一貫して米ドルのデジタル化を推奨

中央銀行デジタル通貨(CBDC)についての米上院公聴会で専門家は一貫して米ドルのデジタル化を推奨

米国の上院委員会のひとつである銀行住宅都市委員会にて、ステーブルコインと中央銀行デジタル通貨(CBDC)に焦点を当てたリモート公聴会が6月30日に開催された。

公聴会に出席した専門家は、米国商品先物取引委員会(CFTC)の前議長であるChristopher Giancarlo(クリストファー・ジャンカルロ)氏、ステーブルコインの発行を行うPaxosのCEOであるCharles Cascarilla(チャールズ・カスカリラ)氏、デューク大学ロースクール助教授であるNakita Q. Cuttino(ナキタ・カッティーノ)氏の3名である。

今回の公聴会では「お金と決済のデジタル化」がテーマとなっており、主に中央銀行デジタル通貨(CBDC)の役割について上院議員が質疑を投げかけ、専門家がそれに答えるという形で議論が進められた。

まず初めに上院議員によって「他国の中央銀行が何をしているのか、それが米ドル支配の脅威へつながるのか」という質問がなされ、これに対しジャンカルロ氏は「準備通貨としてのドルは強力である。しかし米ドルの強みのひとつであるアカウントベースのグローバルバンキングは、中国によるデジタル元への移行によって揺らぐ可能性がある」と回答した。

さらにジャンカルロ氏は「世界中のほとんどの商品がドルで取引されていることを考えると、それらの商品がデジタル(プログラマブル)に移行するのに伴ってドル自体もデジタル化させていくことが重要」と付け加え、議会は金融包摂・レジリエンス・CBDCの追究に焦点を当てるべきだと強調した。

続いて「米国でデジタル通貨を普及させるために議会は何をすべきか」という質問が投げかけられ、これに対しジャンカルロ氏は「デジタル通貨の実現が公共政策のひとつになると考えるべき」と説明し、民間企業と国が協力してパイロットプロジェクトを行うことを推奨した。

またカスカリラ氏は金融包摂、資本移動とコスト削減、透明性の向上の観点からデジタル通貨の導入を推奨し、議会に対して規制の枠組みを作ることを提案した。

一方でカッティーノ氏はデジタル通貨の導入に賛成しつつも、デジタル通貨を導入する際のアクセスの平等性について言及した。同氏は現在の金融システムの欠点である不平等なアクセス、高い取引コスト、地理的不平等性、信用の必要性などを解消する必要があるとし、それを果たす上で規制の存在が重要になると述べた。

編集部のコメント

米国政府は依然としてデジタル通貨の導入には消極的にみえます。連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長はブロックチェーン技術に目を向けつつも、今年2月時点では「FRBがただちにCBDCの開発に着手することはない」と述べています。

その一方でCFTC前議長のクリストファー・ジャンカルロ氏はデジタルドルの導入に向けて積極的な動きを見せています。今年1月にはデジタルドルの実現に向けて「デジタルドル財団」を設立し、デジタルドルの設計や提案を行っています。なお同財団の技術パートナーにはアクセンチュアが就任しています。

また5月にはJPモルガンが「各国の中央銀行デジタル通貨は米ドルの優位性を損なう可能性がある」とレポートで報告しており、外部からの米国のCBDCの発行への圧力は強まっているようです。

コメント:小俣淳平(あたらしい経済)

(images:iStock/Lidiia-Moor・denis_pc・Elen11・antoniokhr・inkoly)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

欧州中央銀行理事がデジタル決済に関する意見表明、独財務大臣がデジタルユーロへの早急な対応示唆、FXcoinが住友商事Gと実証実験などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

欧州中央銀行理事がデジタル決済革命やデジタル・ユーロに関する意見を表明、ドイツの財務大臣がデジタル・ユーロへの早急な対応を示唆、FXcoinが住友商事グループ会社間の債権債務を暗号資産(仮想通貨)XRPを用いて決済する実証実験実施、TKPの「株主総会ライブ配信支援パッケージ」にウィルズがブロックチェーン電子議決権行使プラットフォーム「WILLsVote」を提供開始

TKPの「株主総会ライブ配信支援パッケージ」にウィルズがブロックチェーン電子議決権行使プラットフォーム「WILLsVote」を提供開始

株式会社ティーケーピー(TKP)が株式会社ウィルズと販売提携契約を締結し、TKP提供の「株主総会ライブ配信支援パッケージ」においてウィルズのブロックチェーン技術を活用した電子議決権行使プラットフォーム「WILLsVote(ウィルズボート)」を提供開始することを11月30日発表した。

ドイツの財務大臣がデジタル・ユーロへの早急な対応を示唆

ドイツの財務相を務めるオラフ・ショルツ(Olaf Scholz)氏が「消費者や企業からデジタルマネーに対する大きな需要があることから、ヨーロッパはデジタル決済のソリューションを考え出すためにより懸命に努力すべきだ」とヨーロッパのデジタル決済に関するオンラインカンファレンスで述べたことを11月27日にロイター通信が報じた。

(セキュリタイズのカントリーヘッドジャパンの小林英至氏コメント追記)米セキュリタイズがデジタル証券の発行から流通までサービス提供可能へ

米デジタル証券会社セキュリタイズ(Securitize)が米証券取引委員会(SEC)認可の代替取引システム(ATS)を持ち、米金融取引業規制機構(FINRA)登録のブローカー・ディーラーであるディストリビューテッド・テクノロジー・マーケッツ(Distributed Technology Markets/DTM)の買収について米規制当局の承認を取得したことを11月25日に発表した。これによりディストリビューテッド・テクノロジー・マーケッツはセキュリタイズ・マーケッツ(Securitize Markets)に改称され、セキュリタイズはデジタル証券発行から流通市場までのデジタル化をカバーすることが可能になる。

BNPパリバら銀行間デジタル通貨開発コンソーシアム組成、ISIDと旭化成BC農業データ流通基盤の実証実験、UCCがBCトレーサビリティ導入などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

仏金融機関BNP Paribasらが金融市場インフラのための原則(FMI)に遵守した銀行間デジタル通貨の開発のためのコンソーシアムを組成、電通国際情報サービス(ISID)と旭化成が都内スーパーにてブロックチェーンを活用した農業データ流通基盤の実証実験開始、UCC COFFEE UKがファーマ・コネクトが提供するトレーサビリティシステムを導入、明治安田生命がアステリアのブロックチェーンを活用した株主総会ソリューションを採用、露首相がデジタル金融資産を財産として扱うと発言、グローバル法律事務所DLAパイパーが資産のトークン化プラットフォームTOKO(トーコー)を発表

UCC COFFEE UKがファーマ・コネクトが提供するトレーサビリティシステムを導入

UCCホールディングス株式会社のヨーロッパ関連会社UCC Coffee UK LTDがコーヒーのトレーサビリティープラットフォームである「ファーマー・コネクト(farmer connect)」と提携し、オラウータンコーヒー(Orang Utan Coffee)のためのブロックチェーントレーサビリティーソリューション「サンク・マイ・ファーマー(Thank My Farmer)」を開始したことを11月25日に発表した。「Thank My Farmer」はIBM Blockchainを利用している。