ビットフューリーが日本初となるビットコイン・マイニングファンドを組成

ビットフューリーが日本初となるビットコイン・マイニングファンドを組成

ビットフューリーグループ(Bitfuty Group)が日本初となるビットコイン・マイニングファンドを組成したこと6月10日発表した。

今回組成されたこのファンドは、金融商品取引業者の日本エンジェルズ・インベストメント株式会社(NAIC)を通じて投資家へ募集されるという。またファンドの参加者は、カザフスタン共和国においてビットフューリーが運営している中で最上位のマイニングファームに投資することになるとのこと。

このファンドにより個人投資家や機関投資家は、分散投資の一環としてデジタル通貨インフラストラクチャーを投資ポートフォリオに加えることが可能になった。

また日経新聞の報道によると、同ファンドの立ち上げは7月に行われる予定で、需要に応じて数億~数十億円規模になることを見込んでいるとのこと。また今回のファンドではマイニング事業を手がける特別目的会社(SPC)を設立し、出資を募る方式をとることなどで日本の規制環境にも対応したということだ。

ビットフューリーグループのCEO兼創業者であるValery Vavilov(ヴァレリー・ヴァヴィロフ)氏は「日本の投資家の皆様に多様な投資手段を提供できることを楽しみにしています。新型コロナウイルスの影響により、市場はかつてないほどの変化とボラティリティーを経験しています。このような時期に、当社が運営するビットコイン・マイニング事業への投資を行うことで、その基盤となるインフラストラクチャーをよりセキュアなものにし、デジタル資産のさらなる普及に貢献されると確信しています」とプレスリリースにてコメントをしている。

またビットフューリーグループの日本代表である紺野勝弥(こんのかつや)氏は「日本で初めてとなるビットコイン・マイニングファンドを、日本の規制を正しく遵守した形で組成でき、日本の暗号資産市場へも貢献することができてとても嬉しく思います。新型コロナウイルスの影響により、他の資産クラスのリスクとリターンのプロファイルが大きく変化している時期に、1,000兆円を超える日本の銀行預金残高に対し、安定的に高い投資リターンを得る可能性のあるポートフォリオへの投資機会を日本の投資家に提供できることは大きな意味を持ちます。日本で初めてのチャレンジングな取り組みをしてくださった日本エンジェルズ・インベストメント株式会社の皆様、リーガル面でサポートをして下さったアンダーソン毛利友常法律事務所の河合健弁護士に、多大な感謝を申し上げます」と同じくプレスリリースにてコメントをしている。

編集部のコメント

ビットフューリーグループは2011年に設立され、マイニング事業やブロックチェーンの開発を行っている企業です。本社はオランダの首都アムステルダムで、ロンドン、東京、香港、ソウル、ドバイ、モスクワにオフィスをもち、ジョージア、カナダ、ノルウェーにデータセンターを保持しています。

日本代表の紺野勝弥氏は、ソフトバンクグループでスプリントの買収やアームホールディングスの買収の資金調達、アリババ・グループ株式を利用した強制転換社債の発行、ハイブリッド社債の発行などの数多くの資金調達案件に従事してきた人物です。2016年10月には、Liquidプラットフォームを設立した暗号資産(仮想通貨)フィンテック企業のQuoine(コイン)に入社し、その後同社の日本の代表取締役として、Quoineが提供する暗号資産取引所「Liquid by Quoine(リキッド・バイ・コイン)」を統括しています。

コメント:大津賀新也(あたらしい経済)

(images:iStock/Ilya-Boldenkov・ArtHead-)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【4/16話題】香港でビットコインとイーサリアムの現物ETFが承認、STEPNがアディダスとNFTスニーカーなど

香港SFC、ビットコインとイーサリアムの現物ETFを承認、STEPNがアディダスと提携、1000個限定のコラボNFTスニーカー発売へ、独連邦銀行LBBW、暗号資産カストディ事業に参入へ、お好み焼専門店「千房」がLINE NEXTと提携、クーポン等をNFTで販売へ、アスターの「Astar zkEVM」が問題解決で正常稼働、「Polygon CDK」に原因と報告、モジュール型ブロックチェーン「Avail」がエアドロップ実施か、X匿名アカウントがリーク、ブエノスアイレス当局がワールドコイン(WLD)提訴、ユーザー保護法違反で1.7億円の罰金可能性も

モジュール型ブロックチェーン「Avail」がエアドロップ実施か、X匿名アカウントがリーク

モジュラーブロックチェーンプロジェクトのアベイル(Avail)が、独自トークン「AVAIL」のエアドロップを実施する予定のようだ。このことは4月11日にX匿名アカウントBitcoineo氏が同エアドロップに関する情報を投稿した際に、アベイルの広報担当が「リーク情報」としたことで分かった

【4/12話題】ワールドコインのユーザー数が1000万人、メルカリのビットコイン取引サービス利用者数200万人など

【取材】グリー初のブロックチェーンゲーム、「釣りスタ」で「Sui」採用、自民党が「web3ホワイトペーパー2024」策定、暗号資産取引の申告分離課税の検討やレバレッジ倍率等に提言、ソラナ(SOL)の混雑問題改善に向け修正版ソフトウェアがリリース、テスト実施へ、Chainlink、クロスチェーンメッセージングアプリ「Transporter」リリース、Japan Open Chainと日本郵便、山形県山辺町の「NFTアート」発行・販売へ、米ジェミナイ、英サッカークラブ「RBFC」へ約7億円のビットコイン投資、アニモカジャパンがNFTローンチパッドを今夏提供へ、プロジェクトの募集も