ビットコインで支払えるコカ・コーラの自販機がオーストラリアとニュージーランドにて展開

ビットコインで支払えるコカ・コーラの自販機がオーストラリアとニュージーランドにて展開

暗号資産(仮想通貨)決済システムを提供するCentrapayがCoca-Cola Amatilと提携し、ビットコインによる支払いに対応したコカ・コーラの自動販売機を展開することを6月9日に発表した。

Coca-Cola Amatilはアジア・オセアニア地域を対象とするコカ・コーラのボトラー企業である。

自動販売機の利用者は、スマートフォンにインストールしたニュージーランドSylo社の「Sylo Smart Wallet」を利用し、自動販売機に表示されているQRコードを読み取ることで簡単にビットコインによる決済が行えるようになる。

「Sylo Smart Wallet」によるビットコイン支払い対応の自動販売機は2,000台以上製造され、オーストラリアおよびニュージーランドの各地に配置される予定とのことだ。

CentrapayのCEOである Jerome Faury(ジェローム・フォーリー)氏は「デジタルアセットなどのWeb3技術の普及の障壁となっているのは、技術統合の複雑さとUXの悪さである。私たちはこの両方の問題を解決した。Centrapayはこの新しい『価値のインターネット』を可能にし、消費者と加盟店の両方にメリットをもたらす方法を開拓している」とコメントしている。

Centrapay社は同ビジネスモデルをオーストラリアとニュージーランドで機能実証を行ったうえで、その後世界的に展開をしていくつもりとのことだ。

編集部のコメント

Centrapayは「デジタルアセットの民主化」をビジョンとする企業で、資産のトークン化やデジタルアセット移転システムの開発を行っています。現在同社の顧客にはコカ・コーラのほかに、アディダス、KFC、ファンタなどがあります。

コメント:小俣淳平(あたらしい経済)

(images:iStock/R-DESIGN)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【6/20話題】グリーのSui採用ゲーム「釣りスタ」配信開始、コナミが「Avalancheサブネット」採用など

【取材】グリー、Sui採用ブロックチェーンゲーム「釣りスタ」配信開始、米クラーケン、入金システムバグ発見の「セキュリティ研究者」と対立、コナミが「Avalancheサブネット」採用、NFT提供ソリューション「リセラ」に、バイナンス、BNB保有者向けエアドロサービス「HODLer Airdrops」開始、バイナンスにLayerZero(ZRO)上場へ、バイナンスUS、米国の複数の州でライセンス取り消し相次ぐ=報道、ハッシュキーのグローバル向け暗号資産取引所「HashKey Global」、先物取引のサービス提供開始、ビットコインステーキング「Babylon」、テストネットの次段階を開始へ、リキッドリステーキングプロトコル「Renzo」、1700万ドル調達、イーサリアム「edcon2024 TOKYO」、ヴィタリックが現地参加でヘッドライナーに。本田圭佑の出演も

Sponsored