エンタープライズ向けブロックチェーン導入支援サービス「PoL Enterprise」がリリース

エンタープライズ向けブロックチェーン導入支援サービス「PoL Enterprise」がリリース

ブロックチェーンのオンライン学習サービスPoLを運営する株式会社techtecが、企業のブロックチェーン事業導入を支援するサービス「PoL Enterprise」の正式提供を5月25日開始した。

同サービスは主に「事業導入支援」と「従業員教育支援」の2つのサービスを提供し、日本の企業でのブロックチェーンの活用促進を目指しているとのこと。

事業導入支援では、企業のブロックチェーン事業の立案から要件定義、開発、運用、コミュニティ形成まで一気通貫して請け負い、事業の立ち上げをワンストップでサポートを行うとのこと。

また従業員教育支援では、PoLの学習リソースを利用して、従業員向けにブロックチェーンに関する知識修得のためのオンラインカリキュラムを提供する。

上記のようなサポートに加え、「PoL Enterprise」では社内ドキュメント管理、学習状況チェック、オフライン勉強会などの機能も利用可能とのこと。

またPoLにて発行されるPoLトークンはEnterprise版でも導入されている。Enterprise版で獲得したトークンは個人で利用することができるため、企業から従業員への報酬の一環として活用することもできるとのことだ。

編集部のコメント

株式会社techtecはブロックチェーンオンライン学習サービスPoLを運営する企業です。

PoLでは実際にトークンを発行しているほか、ALIS、MakerDAO、Kyber Networkなど複数のブロックチェーン関連企業とともに学習サービスのカリキュラムの作成を行ってきた実績があります。

コメント:小俣淳平(あたらしい経済)

(images:stockdevil,RaStudio,dalebor)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【4/23話題】上場企業メタプラネットが10億円でビットコイン購入、日銀がCBDCパイロット実験の進捗報告など

東証スタンダード上場のメタプラネット、10億円相当のビットコイン購入を報告、日銀、「中銀デジタル通貨パイロット実験」の進捗状況を報告、Magic Eden、ビットコイン(BTC)のトークン規格「Runes」をサポート開始、コインベースにweb3ゲームの「Karrat(KARRAT)」上場へ、暗号資産決済「スラッシュ」の独自トークン「SVL」、海外取引所Bybitに上場へ、セロ(CELO)、イーサリアムL2移行に「OPスタック」選択、「Runes」ローンチでビットコインの手数料収入が急騰、過去最高クラスへ、タイSEC、無認可の暗号資産取引所へのアクセスブロックを計画、不正行為防止へ、シバイヌ(SHIB)、未公開トークン「TREAT」販売で約19億円を調達