エンタープライズ向けブロックチェーン導入支援サービス「PoL Enterprise」がリリース

エンタープライズ向けブロックチェーン導入支援サービス「PoL Enterprise」がリリース

ブロックチェーンのオンライン学習サービスPoLを運営する株式会社techtecが、企業のブロックチェーン事業導入を支援するサービス「PoL Enterprise」の正式提供を5月25日開始した。

同サービスは主に「事業導入支援」と「従業員教育支援」の2つのサービスを提供し、日本の企業でのブロックチェーンの活用促進を目指しているとのこと。

事業導入支援では、企業のブロックチェーン事業の立案から要件定義、開発、運用、コミュニティ形成まで一気通貫して請け負い、事業の立ち上げをワンストップでサポートを行うとのこと。

また従業員教育支援では、PoLの学習リソースを利用して、従業員向けにブロックチェーンに関する知識修得のためのオンラインカリキュラムを提供する。

上記のようなサポートに加え、「PoL Enterprise」では社内ドキュメント管理、学習状況チェック、オフライン勉強会などの機能も利用可能とのこと。

またPoLにて発行されるPoLトークンはEnterprise版でも導入されている。Enterprise版で獲得したトークンは個人で利用することができるため、企業から従業員への報酬の一環として活用することもできるとのことだ。

編集部のコメント

株式会社techtecはブロックチェーンオンライン学習サービスPoLを運営する企業です。

PoLでは実際にトークンを発行しているほか、ALIS、MakerDAO、Kyber Networkなど複数のブロックチェーン関連企業とともに学習サービスのカリキュラムの作成を行ってきた実績があります。

コメント:小俣淳平(あたらしい経済)

(images:stockdevil,RaStudio,dalebor)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【12/1話題】KyberSwapのハッカーが完全支配を要求、マイクロストラテジーが880億円相当のBTC購入など

KyberSwap事件のハッカー、報奨金の取引条件として同社完全支配を要求、米マイクロストラテジー、880億円相当のビットコイン追加購入。合計保有数174,530BTCに、グレイスケール、現物BTC投資信託「GBTC」の運用効率化で契約更新、積水化学、蘭ブロックチェーントレーサビリティ「サーキュライズ」と業務提携、ワームホールが約331億円の資金調達、Wormhole Labs設立も、デジタル資産投資プラットフォームのFasset、ドバイでVASPライセンス取得、アニモカブランズが「オープンネットワーク」エコシステムに出資、TON最大のバリデータに、IoT向けDLTプラットフォーム「IOTA」がアブダビに財団設立、約148億円の資金提供も、バイナンス、BUSDのサポートを12月に終了へ

Sponsored

IoT向けDLTプラットフォーム「IOTA」がアブダビに財団設立、約148億円の資金提供も

IoT向け分散型台帳(DLT)プラットフォーム「アイオータ(IOTA)」が、アラブ首長国連邦(UAE)アブダビに「アイオータ・エコシステムDLT財団」を設立したことを11月29日発表した。なお同財団はアブダビ・グローバル市場(ADGM)に登録された初の初のDLT(分散型台帳)に関する財団とのこと

アニモカブランズが「オープンネットワーク」エコシステムに出資、TON最大のバリデータに

アニモカブランズ(Animoca Brands)が、メッセージングアプリ「テレグラム(Telegram)」開発の分散型プラットフォーム「オープンネットワーク(The Open Network:TON)」の最大のバリデータとなり、TONエコシステムのミニアプリ「トンプレイ(TON Play)」へ出資したことを11月28日発表した