FXcoinがビットコイン取引の取り扱いを開始へ

FXcoinがビットコイン取引の取り扱いを開始へ

FXcoin株式会社が、同社の運営する暗号資産(仮想通貨)取引所FXcoinにてビットコイン(BTC)の取引を開始することを5月13日のプレスリリースにて発表した。

開始されるサービスは対日本円でのビットコイン売買、ビットコインの入庫・出庫となっており、取引の開始時期は5月15日の午前10時を予定しているとのこと。

編集部のコメント

FXcoin株式会社は取引所の運営を目的として2017年に設立された会社で、暗号資産(仮想通貨)交換業者としての登録手続きをを進めつつ、2018年からは暗号資産関連の情報サイトの運営も開始しています。同社は2019年12月に関東財務局によって第19号暗号資産(仮想通貨)交換業者として認可されており、今年4月23日に取引所として営業を開始、同時に現物取引の新規口座開設の受付を開始しました。

そして今回の発表により15日からビットコインの取り扱い開始となります。そのため同取引が取り扱いを許可されている暗号資産は、2020年5月現在でビットコインのみとなっています。

なお同社は昨年4月と今年の4月にSBIグループから出資を受けており、また昨年6月には住友商事株式会社から出資を受けています。

コメント:小俣淳平(あたらしい経済)

(images:dalebor)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【9/17の話題】アバランチ財団が約250億円調達、パレットトークン(PLT)がコインチェックでレンディングなど(音声ニュース)

パブリックブロックチェーン「Avaranche」運営のアバランチ財団、約250億円調達、パレットトークン(PLT)、コインチェックでレンディング可能に。また公式ウォレットでのステーキングも開始、コインチェック、IOST保有者へのDONエアドロップ非対応を発表、CryptoGames、「NFTStudio」にThe Graph導入、米マスターカードがNFTキャンペーン、ASローマのモウリーニョ監督との共同制作で、著名アーティストらが出資、分散型音楽配信サービス「Audius」が約52億円調達、みずほ銀と丸紅、ブロックチェーンでサプライチェーンファイナンス実施、Datachain、コルダとの異種ブロックチェーン相互接続モジュールをリリース、【取材】ブロックチェーンで魚を追跡、都内魚屋が「IBM Food Trust」活用、LINEのNFTマーケットプレイス、二次流通機能が本格開始、女子ラクロスチーム「NeO」、FiNANCiEでクラブトークン発行、チリーズのSocios. comがNBAゴールデンステイトウォリアーズと提携

米マスターカードがNFTキャンペーン、ASローマのモウリーニョ監督との共同制作で

マスターカード(Mastercard)が、NFTを制作することが9月16日にわかった。このNFTはマスターカードのグローバルアンバサダーで、著名サッカー監督のジョゼ・モウリーニョ(José Mourinho)氏との共同制作とのこと。ジョゼ・モウリーニョ氏は現在はイタリアセリエAのASローマの監督を務めている。