FXcoinがビットコイン取引の取り扱いを開始へ

FXcoinがビットコイン取引の取り扱いを開始へ

FXcoin株式会社が、同社の運営する暗号資産(仮想通貨)取引所FXcoinにてビットコイン(BTC)の取引を開始することを5月13日のプレスリリースにて発表した。

開始されるサービスは対日本円でのビットコイン売買、ビットコインの入庫・出庫となっており、取引の開始時期は5月15日の午前10時を予定しているとのこと。

編集部のコメント

FXcoin株式会社は取引所の運営を目的として2017年に設立された会社で、暗号資産(仮想通貨)交換業者としての登録手続きをを進めつつ、2018年からは暗号資産関連の情報サイトの運営も開始しています。同社は2019年12月に関東財務局によって第19号暗号資産(仮想通貨)交換業者として認可されており、今年4月23日に取引所として営業を開始、同時に現物取引の新規口座開設の受付を開始しました。

そして今回の発表により15日からビットコインの取り扱い開始となります。そのため同取引が取り扱いを許可されている暗号資産は、2020年5月現在でビットコインのみとなっています。

なお同社は昨年4月と今年の4月にSBIグループから出資を受けており、また昨年6月には住友商事株式会社から出資を受けています。

コメント:小俣淳平(あたらしい経済)

(images:dalebor)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【10/4話題】米国規制委員会トップが暗号資産規制強化の方針、ALISがミンカブ子会社になど(音声ニュース)

米国規制委員会トップ、暗号資産やステーブルコイン規制強化の方針、岸田首相「web3サービス利用拡大」言及、臨時国会の所信表明演説で、【取材】Synamon、NFT対応のメタバースプラットフォーム「SYNMN」オープンβ版提供、web3ブログサービス「ALIS」、ミンカブの完全子会社に、PwC香港、メタバース関連企業TerraZeroと連携、キャシーウッドのARK Invest、暗号資産SMA運営Eaglebrookと協業、米SECがキム・カーダシアン提訴、暗号資産の違法宣伝で、バイナンス、カザフスタンと暗号資産市場の発展支援で覚書締結、FTXグローバル、独自のドルインデックス「FTXDXY」を無期限先物で提供開始、ポリゴン、シンガポールVC「Blockchain Founders Fund」のファンドIIへ出資

Sponsored

キャシーウッドのARK Invest、暗号資産SMA運営Eaglebrookと協業

著名投資家のキャッシー・ウッド(Cathy Wood)氏率いるアークインベストメント・マネジメント(ARK Investment Management)が、暗号資産の個別運用口座(Separately Managed Account:SMA)プラットフォームの大手であるイーグルブルーク・アドバイザーズ(Eaglebrook Advisors)と協業することを10月3日に発表した。SMAとは金融機関が投資家から投資判断に関する一任を受けた上で、投資家の口座において、ポートフォリオの設計から運用に関するアドバイスや売買・管理、アフターフォローまでを一括して提供するサービスのことだ。