バイナンスがインドネシアの暗号資産取引所Tokocryptoへ出資

バイナンスがインドネシアの暗号資産取引所Tokocryptoへ出資

大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)が、インドネシアの暗号資産取引所Tokocryptoに出資したことを5月12日発表した。

Tokocryptoは2018年に設立され、2019年には同国の商品先物取引規制庁(BAPPEBTI)に初めて暗号資産事業者として認可を受けた取引所とのこと。

同発表によると今回出資を受けた資金については、Tokocryptoのプロダクト開発、技術強化、同国での事業拡大、また同国でのブロックチェーン教育に関する取り組みに利用されるとのことだ。

なお今回の出資額は明らかになっていない。

バイナンスのCEOであるChangpeng Zhao(CZ)氏は「インドネシアは、急速な技術採用、強力な経済成長、そして世界で4番目の人口数であることから、東南アジアのブロックチェーンエコシステムの主要な中心の1つになりうるでしょう。Tokocryptoは現地パートナーと一緒にインドネシア市場にエキサイティングな新しい機会を探り、さらにお金の自由を可能にするでしょう」とプレリリースでコメントをしている。

編集部のコメント

バイナンスは今回のインドネシアのような人口の多い発展途上国・地域へのアプローチを積極的に進めています。

昨年11月にインドの暗号資産取引所WazirXを買収する形でインド市場に参入し、今年3月には同取引所と共同で同国に5,000万米ドル規模のファンドを設立しました。

4月にはアフリカ大陸のユーザー向けのソーシャルペイメントアプリ「バンドル(Bundle)」をローンチしています。

コメント:大津賀新也(あたらしい経済)

(images:Lidiia-Moor)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

コインチェックがEnjin Coin取扱開始へ、三菱電機と東工大がP2P電力取引BC開発、JCBがBC活用のIoT向け決済実験を開始などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

国内初、コインチェックが暗号資産Enjin Coin(ENJ)を取扱開始へ、三菱電機と東工大がP2P電力取引を最適化する独自ブロックチェーン開発、JCBとKeychainがブロックチェーンを活用したIoT向け決済の実証実験を開始、バイデン次期大統領が米証券取引委員会(SEC)の新委員長にゲイリー・ゲンスラー氏を正式に指名、暗号資産アセマネ企業グレイスケール・インベストメントの第4四半期の調達額が約3,433億円(約33億ドル)

中国が5年後までに世界共通デジタル決済ネットワークを構築か、ニューヨーク市警察が仮想通貨の取引分析ツール利用方針を公表などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

中国が5年後までに世界共通デジタル決済ネットワークを構築か、ニューヨーク市警察が暗号資産(仮想通貨)の取引分析ツールの利用方針を公表、ゴールドマンサックスが暗号資産(仮想通貨)カストディサービスを近日提供か、グラコネとエンジン(Enjin)がNFTチャリティープロジェクト開始、ビットフライヤーが暗号資産積立購入サービス「bitFlyer かんたん積立」提供開始、アニモカブランズ(Animoca Brands)がバイナンススマートチェーン(Binance Smart Chain)と戦略的パートナーシップ締結

(グラコネ代表の藤本真衣氏コメントあり)グラコネとエンジン(Enjin)がNFTチャリティープロジェクト開始

SDGsとBlockchainのプラットフォーム「KIZUNA HUB」を運営する株式会社グラコネとブロックチェーンを用いたエコシステムを開発するシンガポールのエンジン(ENJIN)社が、NFT(Non-Fungible Token/代替不可能なトークン)によるチャリティープロジェクト開始を1月18日に発表した。