ニューヨーク州金融サービス局がEris Clearingのビットライセンス申請を承認

ニューヨーク州金融サービス局がEris Clearingのビットライセンス申請を承認

ニューヨーク州金融サービス局(NYDFS)が米仮想通貨(暗号資産)取引所ErisX(エリスエックス)の決済部門であるEris Clearing(エリスクリアリング)に対し、ビットライセンスと資金移動業ライセンスの申請を承認したことを5月6日に発表した。

ビットライセンス(BitLicense)はNYDFSが制定したニューヨーク州在住者に対して仮想通貨交換業等を行うために必要なライセンス。

ErisXは米国に拠点を置く機関投資家向けの取引所。Nasdaq VenturesやConsensys、マネックスグループの米子会社であるTradeStationなどから出資を受けている。

今回同取引所は、同ライセンスを取得したことにより米国ニューヨーク州にて暗号資産(仮想通貨)の現物取引サービスの提供が可能となった。

なおNYDFSは2015年以降ErisXを含めた25の事業体を仮想通貨事業者として認めている。

編集部のコメント

ニューヨーク州金融サービス局は米国ニューヨーク州政府の金融サービスと製品の規制を行う部門です。

ここ最近でNYDFSが仮想通貨企業と関連した出来事として、3月に同局が承認した仮想通貨企業に対して、詳細なコロナウイルス対応計画を提出するよう要求しています。

同局はハッカーがウイルスの流行につけ込み、ハッキングを行う可能性を懸念し、より堅固なセキュリティ対策を実行することを検討するよう企業に要請をしています。

コメント:大津賀新也(あたらしい経済)

(images:Elen11,dalebor)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【9/24の話題】ツイッターがBTC対応の投げ銭機能公開、三上悠亜のNFTの詳細発表など(音声ニュース)

ツイッターが投げ銭機能「Tips」公開、ビットコインや現金に対応、競争激化する「スポーツ×NFT」、ダッパーラボが約270億円調達と、スペインサッカーリーグと提携を発表、セクシー女優三上悠亜NFTの詳細発表、最高落札者にはディナーデートも、eToro、DeFi特化の金融商品「DeFi CopyPortfolio」提供へ、「Reddit」のウォールストリートベッツ、NFTコレクション発行、カナダ規制当局、暗号資産取引プラットフォームの広告等に関するガイダンスを発表、米ロビンフッド、暗号資産ウォレット機能リリースへ、ディーカレット、暗号資産クアンタム(QTUM)取り扱いへ、米クラーケンにRaydium(RAY)とOxygen(OXY)上場、またApplePayとGooglePayに対応開始、バイナンスにIlluvium(ILV)とYieldGuild Games(YGG)上場、またIOSTのDONエアドロップにも対応、バイナンス、オーストラリアのユーザーはKYC必須に、DeFiレンディングプロトコル「Vee Finance」、ハッキング被害で約38億円相当の暗号資産流出、ハンバーガー購入でNFT獲得、米バーガーキングのキャンペーン、コンセンサスベイスがメタバース3Dアバター特化NFTプラットフォーム開発、ソフトバンクも協力、関東サッカーリーグ1部「エスペランサSC」、FiNANCiEでクラブトークン発行