ニューヨーク州金融サービス局がEris Clearingのビットライセンス申請を承認

ニューヨーク州金融サービス局がEris Clearingのビットライセンス申請を承認

ニューヨーク州金融サービス局(NYDFS)が米仮想通貨(暗号資産)取引所ErisX(エリスエックス)の決済部門であるEris Clearing(エリスクリアリング)に対し、ビットライセンスと資金移動業ライセンスの申請を承認したことを5月6日に発表した。

ビットライセンス(BitLicense)はNYDFSが制定したニューヨーク州在住者に対して仮想通貨交換業等を行うために必要なライセンス。

ErisXは米国に拠点を置く機関投資家向けの取引所。Nasdaq VenturesやConsensys、マネックスグループの米子会社であるTradeStationなどから出資を受けている。

今回同取引所は、同ライセンスを取得したことにより米国ニューヨーク州にて暗号資産(仮想通貨)の現物取引サービスの提供が可能となった。

なおNYDFSは2015年以降ErisXを含めた25の事業体を仮想通貨事業者として認めている。

編集部のコメント

ニューヨーク州金融サービス局は米国ニューヨーク州政府の金融サービスと製品の規制を行う部門です。

ここ最近でNYDFSが仮想通貨企業と関連した出来事として、3月に同局が承認した仮想通貨企業に対して、詳細なコロナウイルス対応計画を提出するよう要求しています。

同局はハッカーがウイルスの流行につけ込み、ハッキングを行う可能性を懸念し、より堅固なセキュリティ対策を実行することを検討するよう企業に要請をしています。

コメント:大津賀新也(あたらしい経済)

(images:Elen11,dalebor)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

「あたらしい経済」 はブロックチェーン、暗号通貨などweb3特化した、幻冬舎が運営する2018年創刊のメディアです。出版社だからこその取材力と編集クオリティで、ニュースやインタビュー・コラムなどのテキスト記事に加え、ポッドキャストやYouTube、イベント、書籍出版など様々な情報発信をしています。また企業向けにWeb3に関するコンサルティングや、社内研修、コンテンツ制作サポートなども提供。さらに企業向けコミュニティ「Web3 Business Hub」の運営(Kudasaiと共同運営)しています。

これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

「あたらしい経済」 はブロックチェーン、暗号通貨などweb3特化した、幻冬舎が運営する2018年創刊のメディアです。出版社だからこその取材力と編集クオリティで、ニュースやインタビュー・コラムなどのテキスト記事に加え、ポッドキャストやYouTube、イベント、書籍出版など様々な情報発信をしています。また企業向けにWeb3に関するコンサルティングや、社内研修、コンテンツ制作サポートなども提供。さらに企業向けコミュニティ「Web3 Business Hub」の運営(Kudasaiと共同運営)しています。

これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【7/19話題】ポリゴンの「MATIC」から「POL」移行は9月4日に、コインチェック流出NEM収受事件の上告棄却など(音声ニュース)

ポリゴンラボ、「MATIC」の「POL」移行は9月4日に予定、最高裁、コインチェック流出NEM収受事件の上告を棄却、インド暗号資産取引所ワジールX、マルチシグウォレットのハッキング受け2億ドル超が不正流出、トランプが「ビットコインカンファレンス2024」で資金調達イベント実施か、1名参加費は約1.3億円=報道、ヴィタリック、「親クリプト派という理由だけで候補者を選ぶべきでない」と警告、米クラーケン、機関投資家向けカストディサービスを英国と豪州に拡大、コインベースにゲーム特化型L2「Ancient8(A8)」上場へ、香港金融管理局「ステーブルコイン発行者サンドボックス」にアニモカブランズら参加

Sponsored