ニューヨーク州金融サービス局がEris Clearingのビットライセンス申請を承認

ニューヨーク州金融サービス局がEris Clearingのビットライセンス申請を承認

ニューヨーク州金融サービス局(NYDFS)が米仮想通貨(暗号資産)取引所ErisX(エリスエックス)の決済部門であるEris Clearing(エリスクリアリング)に対し、ビットライセンスと資金移動業ライセンスの申請を承認したことを5月6日に発表した。

ビットライセンス(BitLicense)はNYDFSが制定したニューヨーク州在住者に対して仮想通貨交換業等を行うために必要なライセンス。

ErisXは米国に拠点を置く機関投資家向けの取引所。Nasdaq VenturesやConsensys、マネックスグループの米子会社であるTradeStationなどから出資を受けている。

今回同取引所は、同ライセンスを取得したことにより米国ニューヨーク州にて暗号資産(仮想通貨)の現物取引サービスの提供が可能となった。

なおNYDFSは2015年以降ErisXを含めた25の事業体を仮想通貨事業者として認めている。

編集部のコメント

ニューヨーク州金融サービス局は米国ニューヨーク州政府の金融サービスと製品の規制を行う部門です。

ここ最近でNYDFSが仮想通貨企業と関連した出来事として、3月に同局が承認した仮想通貨企業に対して、詳細なコロナウイルス対応計画を提出するよう要求しています。

同局はハッカーがウイルスの流行につけ込み、ハッキングを行う可能性を懸念し、より堅固なセキュリティ対策を実行することを検討するよう企業に要請をしています。

コメント:大津賀新也(あたらしい経済)

(images:Elen11,dalebor)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【1/26話題】dYdXのガバナンストークンがロックアップ期間延長、サークル上場計画の廃止原因はSECかなど(音声ニュース)

dYdX、ガバナンストークン「DYDX」のロックアップ期間延長、USDC発行サークルの上場計画、廃止原因はSECか=報道、ENS DAOが寄付ファンド検討か、Karpatke提案=報道、アイルランド中銀総裁、暗号資産広告禁止を要望、ビットコインインフラ開発Blockstream、転換社債などで約161億円調達、スイスのプライベートバンク「Cité Gestion」、イーサリアム基盤の株式トークン化サービス提供へ、バイナンス、APIユーザー向けにセルフトレーディング防止機能提供、米Mythical GamesがDMarket買収、新NFTマーケットプレイス開設、米コインベースにAudius(AUDIO)とThreshold(T)上場へ

Sponsored

ビットコインインフラ開発Blockstream、転換社債などで約161億円調達

ビットコインインフラ開発のブロックストリーム(Blockstream)が、転換社債と担保付き融資での1億2,500万ドル(約161億円)の資金調達を1月24日に発表した。この調達は、キングスウェイキャピタルが転換社債での調達を主導し、フルグルベンチャーズ(Fulgur Ventures)なども参加したという。