a16zが2号クリプトファンドで5億1500万ドルの調達

a16zが2号クリプトファンドで5億1500万ドルの調達

Andreessen Horowitz/a16z(アンドリーセンホロウィッツ)が2号クリプトファンドにおいて5億1500万ドルを調達完了したことを明らかにした

a16zの公式ブログによると2号ファンドはPayment(ペイメント)、分散型金融(DeFi)、Web 3.0領域に焦点を当てた暗号資産(仮想通貨)とブロックチェーンのスタートアップに投資すると記載されている。

さらにブログには、Payment blockchains(ペイメントブロックチェーン)は、電子メールが郵便局、VoIPサービスが長距離通信事業者などをディスラプトしたように、最終的に銀行をディスラプトする可能性があると記載されている。

編集部のコメント

a16zは1号クリプトファンドを2018年に3億5000万ドル調達して組成しました。1号ファンドでは、Coinbase、Libra、Maker、Compound、Celoなど注目企業に投資してきました。そしてa16zは2月からCrypto Startup Schoolも開始しています。2号ファンドが予想を上回る調達額で始動したので、暗号資産(仮想通貨)やブロックチェーンエコシステムをさらに発展させていくことに「あたらしい経済」編集部は期待したいです。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済)

イメージ:antoniokhr,Lidiia-Moor

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

中国が5年後までに世界共通デジタル決済ネットワークを構築か、ニューヨーク市警察が仮想通貨の取引分析ツール利用方針を公表などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

中国が5年後までに世界共通デジタル決済ネットワークを構築か、ニューヨーク市警察が暗号資産(仮想通貨)の取引分析ツールの利用方針を公表、ゴールドマンサックスが暗号資産(仮想通貨)カストディサービスを近日提供か、グラコネとエンジン(Enjin)がNFTチャリティープロジェクト開始、ビットフライヤーが暗号資産積立購入サービス「bitFlyer かんたん積立」提供開始、アニモカブランズ(Animoca Brands)がバイナンススマートチェーン(Binance Smart Chain)と戦略的パートナーシップ締結

(グラコネ代表の藤本真衣氏コメントあり)グラコネとエンジン(Enjin)がNFTチャリティープロジェクト開始

SDGsとBlockchainのプラットフォーム「KIZUNA HUB」を運営する株式会社グラコネとブロックチェーンを用いたエコシステムを開発するシンガポールのエンジン(ENJIN)社が、NFT(Non-Fungible Token/代替不可能なトークン)によるチャリティープロジェクト開始を1月18日に発表した。