a16zが2号クリプトファンドで5億1500万ドルの調達

a16zが2号クリプトファンドで5億1500万ドルの調達

Andreessen Horowitz/a16z(アンドリーセンホロウィッツ)が2号クリプトファンドにおいて5億1500万ドルを調達完了したことを明らかにした

a16zの公式ブログによると2号ファンドはPayment(ペイメント)、分散型金融(DeFi)、Web 3.0領域に焦点を当てた暗号資産(仮想通貨)とブロックチェーンのスタートアップに投資すると記載されている。

さらにブログには、Payment blockchains(ペイメントブロックチェーン)は、電子メールが郵便局、VoIPサービスが長距離通信事業者などをディスラプトしたように、最終的に銀行をディスラプトする可能性があると記載されている。

編集部のコメント

a16zは1号クリプトファンドを2018年に3億5000万ドル調達して組成しました。1号ファンドでは、Coinbase、Libra、Maker、Compound、Celoなど注目企業に投資してきました。そしてa16zは2月からCrypto Startup Schoolも開始しています。2号ファンドが予想を上回る調達額で始動したので、暗号資産(仮想通貨)やブロックチェーンエコシステムをさらに発展させていくことに「あたらしい経済」編集部は期待したいです。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済)

イメージ:antoniokhr,Lidiia-Moor

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【5/27話題】ブリリアンクリプトトークンのIEO調達額が国内最大に、GMOと野村HDらが日本でステーブルコイン発行検討など

コロプラの「ブリリアンクリプトトークン(BRIL)」のIEO、調達額が国内最大の15億超に。購入申込み開始13分で、GMOと野村HDら、日本でのステーブルコイン発行の検討で提携、OKXとGate、香港でのVASPライセンス申請を撤回、米下院、FRBによる「中銀デジタル通貨」発行禁じる法案を可決、イーサリアム財団、アイゲンレイヤーとの利益相反懸念にコメント、RWAトークン化基盤提供「MANTRA」、野村HDの子会社Laser Digitalから資金調達、イーサL2「Taiko」、独自トークン「TKO」のエアドロ実施へ、DAO特化型カンファレンス「DAO TOKYO 2024」、チケット販売開始。8月21~22日神田明神で開催