コインベースカストディが新たに5銘柄サポートへ

コインベースカストディが新たに5銘柄サポートへ

コインベースカストディ(Coinbase Custody)が新たに暗号資産(仮想通貨)5銘柄をサポートすることを4月30日コインベースの公式mediumで発表した。

コインベースカストディは米国大手仮想通貨取引所コインベースの子会社で、暗号資産の管理保管などの代理業務であるカストディサービスを提供している企業。現在取り扱っている暗号資産は50銘柄以上に上る。

今回コインベースカストディが新たに取り扱いを開始するのは、Celo Gold(cGLD)Filecoin (FIL)Keep Network(KEEP)NEAR Protocol(NEAR)Polkadot(DOT)の5銘柄だ。

これらのプロジェクトがメインネットローンチを実施次第、同社カストディサービスでの取り扱いがユーザーに提供されるとのこと。 

また同社はCelo Gold(cGLD)Keep Network(KEEP)NEAR Protocol(NEAR)Polkadot(DOT)のProof-of-Stake稼働後はそれぞれのステーキングインフラも提供していくとのことだ。

編集部のコメント

Celo Gold(cGLD)発行元のCeloはモバイルファーストのペイメントインフラを構築している企業です。誰もが通貨を発行でき、まずは新興国が経済参加できるようなエコシステムを生み出していくことを目指しています。またCeloは既に3000万ドル(約33億円)を資金調達しています。引受先はa16z、Jack Dorsey、Naval、Polychain Capitalなど有名なVC、エンジェル投資家が名を連ねています。あたらしい経済編集部のCeloのFounder、Rene Reinsberg(レネ・レインズバーグ)氏へのインタビューはこちら

 Filecoin (FIL)はProtocol Labsという会社により開発されています。Filecoinはブロックチェーン上でストレージの貸し借りが出来るプロジェクトで、自身の保有する余分なストレ―ジを活用することを目的としています。余っている(使用していない)ストレージをプラットフォームで提供し、その対価としてFILECOIN(ファイルコイン)「FIL」を得ることができます。ICO開始時に1時間で約200億円の資金調達を行っているプロジェクトでもあります。

Keep Network(KEEP)はイーサリアムのプライバシーレイヤーの構築を目指すプロジェクトです。Polychain Capitalやa16zより出資を受けています。

NEAR Protocol(NEAR)はコンセンサスノード複数のグループにわけ承認が終わるまでの時間を短縮する技術であるシャーディングを搭載するブロックチェーンで、他のコミュニティなどから同プロジェクトのシャーディングは高い評価を受けています。またArrington XRP Capitalから出資を受けているプロジェクトでもあります。

Polkadotは異なるブロックチェーンを繋ぐためのブロックチェーンで、異なるブロックチェーン間の相互取引を可能にし、かつ、お互いにセキュリティを共有することができるプロジェクトです。Co-Founderはイーサリアムの元CTO兼共同創業者のGavin Wood 氏が務めています。

コメント:大津賀新也(あたらしい経済)

(images:Ilya-Boldenkov)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【11/25話題】バイナンスの暗号資産業界復興ファンド、ロシアが国営暗号資産取引所設立かなど(音声ニュース)

バイナンスが暗号資産業界復興ファンド(IRI)に10億ドル拠出、ポリゴン(Matic)、アニモカ、アプトス(APT)らも参加予定、証券監督者国際機構IOSCO、FTX崩壊は暗号資産規制前進のきっかけに、ロシア、国営の暗号資産取引所設立を計画か=報道、APE発行の「ApeCoin DAO」、BAYC関連専用マーケットプレイス「ApeCoin marketplace」ローンチ、富士通ブロックチェーンPF開発基盤「Fujitsu Track and Trust」が世界展開、セトルミントと提携、スタークウェア開発のプログラミング言語「Cairo」、最新版がオープンソースに、イーサリアム、ステークされたETHの引き出し機能搭載の開発者向けネットワークリリース、スキー場で開場前から滑れる権利のNFT、東急不動産とハッシュパレット「ニセコパウダートークン」、職人文化の継承×伝統工芸ブランド創出「WAKONプロジェクト」、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored

APE発行の「ApeCoin DAO」、BAYC関連専用マーケットプレイス「ApeCoin marketplace」ローンチ

暗号資産(仮想通貨)エイプコイン(APE)発行元のApeCoin DAOが、BAYC(Bored Ape Yacht Club)関連専用マーケットプレイス「エイプコインマーケットプレイス(ApeCoin marketplace)」をローンチした。このマーケットプレイスを構築したスナッグスソリューションズ(snagsolutions)の創設者が1、1月24日に発表した。