(高際氏コメントあり)LayerXがR3社の公式ソリューションパートナーへ

LayerXがR3社の公式ソリューションパートナーへ

LayerXがCordaを開発しているR3社の公式ソリューションパートナーに認定されたことを発表した。

LayerXにはR3認定のCorda Developerの資格を持つエンジニアが複数名在籍していて、Cordaを用いたシステム開発を積極的に行なってきた成果とのこと。

そして、LayerXはCordaと他の種類のブロックチェーンを相互接続するためのソリューションとなる 「Cordage(コルデイジ)」 を開発している。

企業はCordageを導入することにより、新たに3つの事ができるようになる。それは「1システム全体における可用性の向上2.一連の処理が完了するまでの時間短縮、3.追加のTTP(Trusted Third Party; 信頼できる第三者機関)を導入できないビジネス要件への対応」だ。

現在Cordageは、CordaとEthereumベースのブロックチェーン (Ethereum, Quorum, Hyperledger Besu等) との相互接続に対応しているとのこと。

あたらしい経済編集部は、 LayerX社でCordageの開発を担っているLayerXのシニアソフトウェアアーキテクト高際隼氏に次の2つの質問を投げかけた。それは、「1.LayerXは、主要なBP(ブロックチェーンプラットフォーム)を開発支援している企業だと思われます。その他のBP(HyeprLedger Fabric、Quorum)と比較して、企業がCordaを利用すべき要素は何だと考えていますか。2.Cordageの最終的な目標はどのようなところでしょうか」だ。

高際氏は「まさにCordaを利用すべき要素は、検証中です。現段階で私たちは、Cordaが全参加ノードで状態を共有するモデルではなく、取引ごとに共有先を選べるP2Pモデルであるため、世界各国でも活用事例が増えている金融領域など、プライバシーが特に求められる案件に向いているのではないかと捉えています。

そしてCordageの目標は、まずブロックチェーン同士の相互接続を推進することです。今回のLayerXのようなCordaに対する企業活動が増えていくことで、業界全体の発展に寄与し続けたいと考えています。なお、Cordage単体での収益化は今のところ考えておりません」とコメントしてくれた。

編集部のコメント

Cordageは異なるブロックチェーン同士を接続するための2つのモジュールを提供しています。1つ目は、あるブロックチェーンの情報を別のブロックチェーンに伝える機能です。そして、2つ目は伝わった情報が正しいことを証明/検証する機能です。

Cordaは金融、貿易、サプライチェーン領域でシステムインテグレートやパートナーシップが締結されていると思われます。

直近の4月5日にも、香港のデジタル資産カストディー企業Hex TrustがCordaと統合しました。

このように企業間が連携をしていますが、クライアントに対して正しく技術開発できる開発企業はまだ多くないとあたらしい経済編集部は考えます。

LayerXがCordaを活用した開発企業として牽引していくことを期待しています。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済)

イメージ:nisaul-khoiriyah

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

東海東京FHDが率いるコンソーシアムが、シンガポールのデジタル証券取引所運営のICHXへ約10億4,000万円出資

東海東京フィナンシャル・ホールディングス(東海東京FHD)株式会社のシンガポール現地法人の東海東京グローバル・インベストメンツは、シンガポールのデジタル証券取引所であるiSTOXを運営するICHX Tech(ICHX社)のシリーズAの延長として、シリーズA2に参加したことを1月21日に発表した。

コインチェック仮想通貨ネム(NEM/XEM)流出事件、31人を検挙

2018年に発生した暗号資産(仮想通貨)ネム(XEM)が暗号資産取引所コインチェックから流出した一連の事件において、ネムの不正な交換に応じたとみられる31人が警視庁により組織犯罪処罰法違反(犯罪収益収受)容疑で逮捕や書類送検されたことが、1月22日共同通信など報道各社が報じた

ロシア地方裁がバイナンス(Binance)のウェブサイトのブロック解除決定

ロシアの地方裁判所が、ロシア地域において大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)のウェブサイトがブロックされている件について、バイナンスの訴えを受け、そのブロックを取り消すことを1月20日に決定した。このことをロシア現地メディアが21日報じた

ブラックロックがビットコイン投資へ、フランス銀行が中銀デジタル通貨実験成功、湘南ベルマーレにて国内初のクラブトークン発行などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

米アセマネ大手ブラックロックが一部ファンドでビットコイン投資へ、タイ証券取引所が2021年後半にデジタル資産取引プラットフォームをローンチか、フランス銀行が中央銀行デジタル通貨実験にて200万ユーロ(約2億5,000万円)の決済に成功、国内初、FiNANCiEが湘南ベルマーレにてプロサッカークラブトークンを発行(フィナンシェ田中隆一CEOインタビュー掲載)、日本銀行が来年春に中央銀行デジタル通貨実証実験の第二段階開始か、次世代分散型ブラウザBrave(ブレイブ)にIPFSプロトコルのサポート追加

国内初、FiNANCiEが湘南ベルマーレにてプロサッカークラブトークンを発行(フィナンシェ田中隆一CEOインタビュー掲載)

株式会社フィナンシェが、同社提供のブロックチェーン技術を利用した次世代クラウドファンディングサービス「FiNANCiE(フィナンシェ)」において、プロサッカーチーム「湘南ベルマーレ」のプロサッカークラブトークンの発行を1月21日発表した。なおクラブトークンの発行は今回の湘南ベルマーレとフィナンシェにおけるプロジェクトがプロサッカーチーム国内初の事例となる