GMOコインが仮想通貨BATの取り扱いを発表

仮想通貨取引所GMOコインが仮想通貨BATの取り扱い発表

国内仮想通貨取引所であるGMOコインが、ベーシックアテンショントークン(BAT)を3月18日より取扱開始したことが、同日プレスリリースによって明らかになった。なお同通貨は同取引所の「販売所サービス」での取り扱いとなる。

ベーシックアテンショントークン(BAT)の取り扱い開始は、国内の仮想通貨取引所において、GMOコインが初となる。

ベーシックアテンショントークン(BAT)は、デジタル広告の新しいエコシステムを目指して開発されたWebブラウザ「Brave」上で使用される、ERC-20規格の仮想通貨となっている 。

今回の新規通貨取り扱いでGMOコインは、ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)ビットコインキャッシュ(BCH)ライトコイン(LTC)リップル(XRP)、ネム(XEM)、ステラルーメン(XLM)にベーシックアテンショントークン(BAT)が加わり、合計8銘柄を取り扱うことになる。

編集部のコメント

Braveには、個人データを収集するような広告をブロックする機能「BRAVE SHIELDS」があり、さらに広告をブロックすることでブラウザが軽くなるという利点があります。またBraveでは、広告を閲覧することでBATが取得でき、またBATによりサイトや動画のクリエイターに支援をすることができる「Brave Rewards」の機能が利用可能となっています。

2020年3月6日にBraveのDAU(Daily Active Users:1日あたりのアクティブユーザー数)が400万人を突破したことを、BraveのCo-founder&CEOであるBrendan Eich(ブレンダン・エイク)氏が自身のTwitterにて明らかにしています。さらに、MAU(Monthly Active Users:月間のアクティブユーザー数)については1,220万人に達しているとのことです。

実際に、Braveが公開するデータフィードによると、前述した「Brave Rewards」を利用するコンテンツクリエイターが増加しています。3月18日時点では、約46万7,000人が同機能を利用しています。半数以上はYouTubeで約27万8,000ユーザーが登録、二番目に多いのはTwitterで5万3,000ユーザーとなっています。

このように、ベーシックアテンショントークン(BAT)は、実利用が進んでいる通貨であり、GMOコインへ上場することで、時価総額や1通貨の価格に影響があるのか、気になります。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済)

(images:dalebor,LysenkoAlexander)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【5/20話題】FTX USが株式取引ベータ版提供、DEVプロトコルと社寺建築の翠雲堂が提携など(音声ニュース)

FTX USが株式取引ベータ版提供、米ドルステーブルコインUSDCにも対応、【取材】「寺DAO」で暗号資産調達、DEVプロトコルと社寺建築の翠雲堂が提携、web3ゲーム企業AzraGames、a16z主導シードラウンドで約19.2億円調達、ジャミロクワイがメタバース進出、「The Sandbox」と提携、ブラジルサッカー「ECバイーア」、チリーズ「Socios. com」でファントークン発行へ、朝日印刷らがブロックチェーンで医薬品を追跡管理、Hyperledger Fabric採用

Sponsored