イングランド銀行が中央銀行のデジタル通貨の調査ロードマップを発表

イングランド銀行が中央銀行のデジタル通貨の調査ロードマップを発表

イングランド銀行が「Central Bank Digital Currency、Opportunities, challenges and design」というタイトルの調査レポートを発表。

この調査レポートは、57ページにわたる。そして、主な論点はCBDCの利用機会とリスクとなっている。

イングランド銀行の総裁であるMark Carney(マーク・カーニー)氏は「ステーブルコインによって、国民が中央銀行よって発行されたリスクのない形式のお金に引き続きアクセスできるようにすることができます。これは、現金の使用が減少し、デジタル決済が進む消費者のニーズに応えられることになり、より広く使用されるようになると予測でき、今後特にCBDCは重要になる可能性があります」とコメントしている。

一方、同氏はリスク面も言及していて「リスクの面では、消費者が預金をCBDCに移動すると、市中銀行に問題が生じる可能性があります。それは市中銀行が融資を進める能力に影響を与えると考えられます。そして最終的に、CBDCは金融の安定性と中央銀行の金融政策をコントロールする能力に影響を与える可能性があります」とコメントしている。

編集部のコメント

イングランド銀行は2020年1月にカナダ銀行、日本銀行、欧州中央銀行、スウェーデンリクスバンク、スイス国立銀行の5つの中央銀行とグループを作り、潜在的なCBDCのユースケースを調査を開始したことを明らかにしました。

あたらしい経済として3つのシナリオが考えられると思います。それらは、1つが各国毎のCBDC、2つめがユニットCBDC(コンソーシアムに1つのCBDC)3つめがCBDCを発行せず、SWIFT、コルレス銀行を含め技術面をアップデートするの3つです。

そして、これに国際決済銀行(BIS)を含めた会合が4月にワシントンで行われる予定です。その会合までに、研究を主導する副総裁・理事や局長級らが4月上旬までに論点をまとめます。さらに、6月の会合で中間報告を出し、今秋をめどに最終報告をとりまとめる段取りを想定しているようです。

ただこの会合の延期有無に、新型コロナウィルスが影響する可能性があると、あたらしい経済編集部は考えます。そして、CBDCに関する議論も一部の有識者だけで議論せず、民意を汲み取る姿勢を見せ、メディアをうまく活用していってほしいと考えています。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済編集部)

(images:Guzaliia-Filimonova,stockdevil)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【12/7の話題】SBIが暗号資産取引所へ出資、ステーブルコインが銀行と資金移動業に制限かなど(音声ニュース)

SBI、シンガポールの大手暗号資産取引所コインハコへ出資、金融庁、日本円ステーブルコイン発行を銀行と資金移動業者に制限か=報道、FTX、暗号資産トレーディング・プラットフォーム規制に関する10原則を発表、アニモカブランズとバイナンス、約227億円のファンドを立ち上げ。ブロックチェーンゲーム支援で、【取材】メディアドゥ、NFT配布も可能なソーシャル映像視聴アプリ「GREET」提供へ、マリオット、会員向けキャンペーンでNFTプレゼント、兵庫県のサッカークラブ「FC SONHO川西」、FiNANCiEでクラブトークン発行、米コインベースプロ、暗号資産7銘柄を新規上場、NFT活用事例が学べる無料イベント12月10日開催、「NFT WEEKS TOKYO」で

Sponsored

アニモカブランズとバイナンス、約227億円のファンドを立ち上げ。ブロックチェーンゲーム支援で

香港拠点のNFTゲーム開発企業アニモカ・ブランズ(Amimoca Brands)と、大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)が、ブロックチェーンゲームプロジェクトへの支援を目的に2億ドル(約227億円)規模のファンドを立ち上げたことが12月6日分かった

【取材】メディアドゥ、NFT配布も可能なソーシャル映像視聴アプリ「GREET」提供へ

電子書籍取次事業やNFTマーケットプレイス運営を手がけるメディアドゥが、ソーシャル映像視聴アプリ「GREET(グリート)」を12月13日より提供開始することを発表した。「GREET」は、ミュージックビデオ、ライブ映像、ショートフィルム、ライフスタイル番組などあらゆるジャンルの公式映像を、オンライン上映会で誰とでも一緒に鑑賞ができる映像視聴アプリだ。