ふくおかフィナンシャルグループとSOMPOひまわり生命がブロックチェーンを活用した共同企画「健康預金」キャンペーンを実施

ふくおかフィナンシャルグループとSOMPOひまわり生命がブロックチェーンを活用した共同企画「健康預金」キャンペーンを実施

株式会社ふくおかフィナンシャルグループ傘下のiBankマーケティング株式会社とSOMPOひまわり生命保険株式会社が、ブロックチェーン基盤で稼働中のポイント管理システムを活用し、両社共同企画である「健康預金キャンペーン」を実施することを3月3日プレスリリースにて発表

「健康預金キャンペーン」は、SOMPOひまわり生命が提供する乳がんのセルフチェック動画を視聴し、スマートフォン専用アプリ「Wallet+(ウォレットプラス)」で新たに目的預金を作成・入金した顧客を対象に行われる。対象顧客は、Wallet+内で獲得・交換ができるポイント「myCoin」をiBank社よりプレゼントされるとのこと。

Wallet+は、対応金融機関での取引などで、同サービスのポイント「myCoin」を貯めることができるサービスで、「myCoin」を使う際には、貯蓄預金口座にキャッシュバックを行ったり、地域特産品や他社のポイントへ交換することができる。

同キャンペーンは、iBank社が構築したブロックチェーンポイント管理システムとブロックチェーン関連技術の特性であるスマートコントラクトを活用し、予め達成条件(乳がんセルフチェック動画視聴と目的預金作成・入金)と達成時のアクション(myCoinプレゼント)をブロックチェーン上に定義することで、キャンペーンの達成条件判定からmyCoinプレゼントまでを自動化する、事業体を横断した取組みとのこと。

同キャンペーンは、3月3日~5月31日まで実施され、先着3,000名が対象となる。

なお同ポイント管理システムは、アクセンチュアのフレームワーク「ブロックチェーン・ハブ」およびHyperledger Fabricを基盤としているとのこと。

編集部のコメント

「myCoin」で交換できる他社ポイントは、楽天株式会社が運営する「楽天スーパーポイント」、株式会社セブン・カードサービスが運営する「nanacoポイント」、KDDI株式会社が運営する「au Walletポイント」、スターバックスコーヒージャパン株式会社が発行する「スターバックスカード」などで、計10サービスあります。
また「myCoin」は、ユーザー間のポイント送付(P2P送付)で、Wallet+の利用ユーザー同士であれば、「myCoin」を送りあうこともできるとのことです。

コメント:大津賀 新也(あたらしい経済)

(images:antoniokhr)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

EYがEY OpsChain Network Procurement発表、コインチェックがイーサリアムクラシックの板取引開始、バイナンスがVenus Protocol発表などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

監査法人EYがパブリックブロックチェーンを活用したグローバルな調達ソリューション「EY OpsChain Network Procurement」を発表、コインチェックがイーサリアムクラシックの板取引サービス開始、バイナンスが新たなDeFiプロジェクト「Venus Protocol」を発表、ニュージーランドの規制当局が暗号資産(仮想通貨)を取り扱う企業に対して顧客情報の提出を要求

ニュージーランドの規制当局が暗号資産(仮想通貨)を取り扱う企業に対して顧客情報の提出を要求

ニュージーランドの国税管理機関である内国歳入庁(IRD)がニュージーランド国内の暗号資産(仮想通貨)取り扱い企業に対して顧客情報の提出を求めていることがわかった。ニュージーランドの現地メディアであるRadio New Zealand(RNZ)が報じた。