コインチェックが毎日つみたてプランの提供開始

コインチェックが毎日つみたてプランの提供開始

コインチェック株式会社が、同社運営の仮想通貨取引所コインチェックで提供する「Coincheckつみたて」において、「毎日つみたてプラン」の提供を開始したことを3月3日プレスリリースにて発表された。

「Coincheckつみたて」は、自動で日本円の入金から仮想通貨の購入までを手数料無料で行うことができるサービスとして2019年11月より提供が開始されている。

同サービスにて従来提供していた月に一度の積立方法「月イチつみたてプラン」に加え、「毎日つみたてプラン」が提供されることになる。

なお現在同サービスでの取扱通貨はBTC(ビットコイン)のみとなっている。その他取扱通貨は順次追加予定とのことだ。

「毎日つみたてプラン」は、事前にひと月あたりの合計積立金額を指定し、該当月の日数で割った金額分を毎日(祝祭日を含む)自動積立できるプラン。

同プランでは、月に1度の積立に比べて仮想通貨の相場変動を受けにくく、損益の幅を抑制できるとのこと。

編集部のコメント

「毎日つみたてプラン」は、価格変動の大きい仮想通貨をより安定的に投資をしたいユーザー向けのサービスです。ただし、月の投資額が分散することでリスクが少ない分リターンは「月イチつみたてプラン」と比べると低くなってしまう場合があります。そもそも積立投資は長期的なスタンスで行うもので、数年後に最終的に価格が現在よりも上がっていなければ、リターンはありません。仮想通貨が将来的に本当に値上がりするかどうかは、実のところ誰にもわからないということも忘れてはいけません。

コメント:大津賀 新也(あたらしい経済)

(images:Ilya-Boldenkov)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

BMWやホンダらのMOBIが自動車業界標準規格発表、ビットバンクにクアンタム上場、コインベースがバイソン・トレイズ買収などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

BMW、フォード、ホンダ、デンソーらのMOBIが自動車業界標準規格「Vehicle Identity(VID)II」発表、コインベースがブロックチェーンインフラ開発企業バイソン・トレイズを買収、「住民票をブロックチェーンで管理、スマホで取得から認証まで」chaintopeが福岡県飯塚市と行政文書デジタル化社会実験開始、バイナンス(Binance)が過去最大金額でバイナンスコイン(BNB)のトークンバーン実施、スイス証券取引所(SIX)に英コインシェアーズ(CoinShares)提供のビットコインETP、BITCが上場へ、デジタル資産取引プラットフォームINXがデジタル証券プラットフォームのオープンファイナンス・セキュリティーズの買収契約を締結、ビットバンクが暗号資産クアンタム(QTUM)の取り扱いを1月27日に開始

デジタル資産取引プラットフォームINXがデジタル証券プラットフォームのオープンファイナンス・セキュリティーズの買収契約を締結

デジタル資産のトレードプラットフォームを提供するINX社が、デジタル証券のセカンダリープラットフォームを提供するオープンファイナンス・セキュリティーズ(Openfinance Securities)社の買収に向けた確定契約が締結されたことを1月19日に発表した。