Hyperledger Besuがスマートコントラクト言語DAMLをインテグレート

Hyperledger Besuがスマートコントラクト言語DAMLをインテグレート

Digital Asset社が開発しているスマートコントラクト言語「DAML」がHyperledger Besuでインテグレートされたことが、Ledger Insightsによって明らかになった。

 Blockchain Technology Partners(BTP)がSextant for DAMLの一部としてHyperledger BesuとDAMLのインテグレートを実装した。

Hyperledgerの前CMOで、現Digital Asset社のCMOのDan O’Prey(ダン・オプレイ)氏は「Hyperledgerが常に課題と感じていたのは、Hyperledgerアプリの作成をどのように始めるかです。 もちろん、いまもHyperledgerアプリは存在していないです。なのでDAMLを使用することで、単一のDAMLアプリを記述して、Fabric、Sawtooth、Besu、およびその他の多数のDLTにデプロイすることができます。 ようやくブロックチェーンスタックの標準的な統合コンポーネント化に向けて動き始められます」とコメントしている。

HyperlederのエグゼクティブディレクターのBrian Behlendorf(ブライアン・ベフレンドルフ)氏は「Hyperledger Besuは、Hyperledgerで提供される最新のフレームワークであり、パブリックEthereumネットワークと互換性のある最初のフレームワークです。ブロックチェーン技術スタック全体の専門化と統合の両方を予想しているため、Sawtooth、Fabric、そしてBesu全体でアプリケーションを作成するためのDAMLには統一オプションが存在しています。これでスタックとして不足するエンタープライズブロックチェーンはQuorumのみになります」とコメント。

これに対し、O’Prey(オプレイ)氏は「 Quorumとの統合も可能です。そしてHyperledger Besuは、純粋にJavaであり、GPL V3ではなくApache 2ライセンスであり、Linux Foundationのガバナンス構造も備えているという点で、いくつかの利点があると考えています」とコメントした。

編集部のコメント

Digital Assetのビジネスモデルは、様々なテクノロジープロバイダーと提携して、DAML言語のプロダクトを提供することです。提携先として、Hyperledger Sawtooth、Hyperledger Fabric、Corda、AmazonのQLDB、クラウドAuroraデータベース、VMware Blockchain、Google Cloudとなっています。

2020年2月26日に、Digital Asset社は、Amazon QLDBとのインテグレートを発表したばかり。そして今回は、Hyperledger Besuとのインテグレート完了ということになります。凄まじいスピードで実装が行われていて、コンソーシアム型のブロックチェーンの覇権争いが熾烈です。

コンソーシアム型のブロックチェーンは、Hyperledger、Quorum、Cordaが主流となっていて、スマートコントラクト言語DAMLがこれら3つのブロックチェーンプラットフォームとインテグレートされる未来もそう遠くないのかも知れない、とあたらしい経済編集部は考えています。ただ、日本においてDAMLでスマートコントラクトを書いている事例は少なく、研究の余地もあるでしょう。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済)

(images:Aleksei_Derin,-dalebor)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

「あたらしい経済」 はブロックチェーン、暗号通貨などweb3特化した、幻冬舎が運営する2018年創刊のメディアです。出版社だからこその取材力と編集クオリティで、ニュースやインタビュー・コラムなどのテキスト記事に加え、ポッドキャストやYouTube、イベント、書籍出版など様々な情報発信をしています。また企業向けにWeb3に関するコンサルティングや、社内研修、コンテンツ制作サポートなども提供。さらに企業向けコミュニティ「Web3 Business Hub」の運営(Kudasaiと共同運営)しています。

これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

「あたらしい経済」 はブロックチェーン、暗号通貨などweb3特化した、幻冬舎が運営する2018年創刊のメディアです。出版社だからこその取材力と編集クオリティで、ニュースやインタビュー・コラムなどのテキスト記事に加え、ポッドキャストやYouTube、イベント、書籍出版など様々な情報発信をしています。また企業向けにWeb3に関するコンサルティングや、社内研修、コンテンツ制作サポートなども提供。さらに企業向けコミュニティ「Web3 Business Hub」の運営(Kudasaiと共同運営)しています。

これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【7/18話題】ステートストリートが独自ステーブルコイン検討、ビットトレードの全取引ペアの売買手数料が無料化など(音声ニュース)

ステートストリート、独自ステーブルコインの発行検討か=報道、香港規制当局ら、ステーブルコイン発行体のライセンス取得義務についての協議結果を報告、早期立法化へ、ビットトレード、全取引ペアの売買手数料を無料化へ、BTC担保の米ドルステーブルコイン「USDh」、BTCトークン規格「Runes」でローンチ、Polygon LabsがZK証明システム「Plonky3」公開、オープンソースに、マウントゴックスが債権者への弁済を報告、クラーケンへ48,641BTC送金も、ドイツ当局、ビットコイン売却で28.8億ドルの収益、スタンダードチャータード銀行支援のZodia Markets、Elwoodの暗号資産OTC事業を買収、テレグラムの「TON」、ビットコイン間のトークンブリッジサービス「トンテレポートBTC」発表

スタンダードチャータード銀行支援のZodia Markets、Elwoodの暗号資産OTC事業を買収

デジタル資産取引事業会社の英ゾディアマーケッツ(Zodia Markets)が、デジタル資産のリスク管理ツールおよびポートフォリオ分析機能提供のエルウッドテクノロジーズ(Elwood Technologies)のデジタル資産OTC取引事業会社であるエルウッドキャピタルマネジメント(Elwood Capital Management:ECML)の買収合意について7月17日発表した