Hyperledger Besuがスマートコントラクト言語DAMLをインテグレート

Hyperledger Besuがスマートコントラクト言語DAMLをインテグレート

Digital Asset社が開発しているスマートコントラクト言語「DAML」がHyperledger Besuでインテグレートされたことが、Ledger Insightsによって明らかになった。

 Blockchain Technology Partners(BTP)がSextant for DAMLの一部としてHyperledger BesuとDAMLのインテグレートを実装した。

Hyperledgerの前CMOで、現Digital Asset社のCMOのDan O’Prey(ダン・オプレイ)氏は「Hyperledgerが常に課題と感じていたのは、Hyperledgerアプリの作成をどのように始めるかです。 もちろん、いまもHyperledgerアプリは存在していないです。なのでDAMLを使用することで、単一のDAMLアプリを記述して、Fabric、Sawtooth、Besu、およびその他の多数のDLTにデプロイすることができます。 ようやくブロックチェーンスタックの標準的な統合コンポーネント化に向けて動き始められます」とコメントしている。

HyperlederのエグゼクティブディレクターのBrian Behlendorf(ブライアン・ベフレンドルフ)氏は「Hyperledger Besuは、Hyperledgerで提供される最新のフレームワークであり、パブリックEthereumネットワークと互換性のある最初のフレームワークです。ブロックチェーン技術スタック全体の専門化と統合の両方を予想しているため、Sawtooth、Fabric、そしてBesu全体でアプリケーションを作成するためのDAMLには統一オプションが存在しています。これでスタックとして不足するエンタープライズブロックチェーンはQuorumのみになります」とコメント。

これに対し、O’Prey(オプレイ)氏は「 Quorumとの統合も可能です。そしてHyperledger Besuは、純粋にJavaであり、GPL V3ではなくApache 2ライセンスであり、Linux Foundationのガバナンス構造も備えているという点で、いくつかの利点があると考えています」とコメントした。

編集部のコメント

Digital Assetのビジネスモデルは、様々なテクノロジープロバイダーと提携して、DAML言語のプロダクトを提供することです。提携先として、Hyperledger Sawtooth、Hyperledger Fabric、Corda、AmazonのQLDB、クラウドAuroraデータベース、VMware Blockchain、Google Cloudとなっています。

2020年2月26日に、Digital Asset社は、Amazon QLDBとのインテグレートを発表したばかり。そして今回は、Hyperledger Besuとのインテグレート完了ということになります。凄まじいスピードで実装が行われていて、コンソーシアム型のブロックチェーンの覇権争いが熾烈です。

コンソーシアム型のブロックチェーンは、Hyperledger、Quorum、Cordaが主流となっていて、スマートコントラクト言語DAMLがこれら3つのブロックチェーンプラットフォームとインテグレートされる未来もそう遠くないのかも知れない、とあたらしい経済編集部は考えています。ただ、日本においてDAMLでスマートコントラクトを書いている事例は少なく、研究の余地もあるでしょう。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済)

(images:Aleksei_Derin,-dalebor)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

コインチェックがEnjin Coin取扱開始へ、三菱電機と東工大がP2P電力取引BC開発、JCBがBC活用のIoT向け決済実験を開始などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

国内初、コインチェックが暗号資産Enjin Coin(ENJ)を取扱開始へ、三菱電機と東工大がP2P電力取引を最適化する独自ブロックチェーン開発、JCBとKeychainがブロックチェーンを活用したIoT向け決済の実証実験を開始、バイデン次期大統領が米証券取引委員会(SEC)の新委員長にゲイリー・ゲンスラー氏を正式に指名、暗号資産アセマネ企業グレイスケール・インベストメントの第4四半期の調達額が約3,433億円(約33億ドル)

中国が5年後までに世界共通デジタル決済ネットワークを構築か、ニューヨーク市警察が仮想通貨の取引分析ツール利用方針を公表などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

中国が5年後までに世界共通デジタル決済ネットワークを構築か、ニューヨーク市警察が暗号資産(仮想通貨)の取引分析ツールの利用方針を公表、ゴールドマンサックスが暗号資産(仮想通貨)カストディサービスを近日提供か、グラコネとエンジン(Enjin)がNFTチャリティープロジェクト開始、ビットフライヤーが暗号資産積立購入サービス「bitFlyer かんたん積立」提供開始、アニモカブランズ(Animoca Brands)がバイナンススマートチェーン(Binance Smart Chain)と戦略的パートナーシップ締結

(グラコネ代表の藤本真衣氏コメントあり)グラコネとエンジン(Enjin)がNFTチャリティープロジェクト開始

SDGsとBlockchainのプラットフォーム「KIZUNA HUB」を運営する株式会社グラコネとブロックチェーンを用いたエコシステムを開発するシンガポールのエンジン(ENJIN)社が、NFT(Non-Fungible Token/代替不可能なトークン)によるチャリティープロジェクト開始を1月18日に発表した。