クリプトゲームス、「TON」上のファーミングゲーム「TonFarm」 β版リリース

「TON」上でファーミングゲーム「TonFarm」 β版がリリース

国内ブロックチェーンゲーム開発企業のCryptoGames(クリプトゲームス)が、パブリックブロックチェーン「The Open Network(オープンネットワーク:TON)」を使ったテレグラムミニアプリ(Telegram Mini App)「TonFarm(トンファーム)」ベータ版のリリースを7月10日発表した。

「TonFarm」は、農作物を育てるファーミングゲームとのこと。ユーザーは畑に作物を植え、一定の時間をかけて作物を育成し、作物を収穫するとダイヤが獲得できるとのこと。

今回リリースされたベータ版は、無料でプレイが可能とのことだ。

なおクリプトゲームスでは、Astar Network(アスターネットワーク)上のブロックチェーンゲーム「Astar Farm(アスターファーム)」を開発・提供している。同ゲームでは、ユーザーが「アスターファーム」にアスターのネイティブトークンである「ASTR」を預けて(ステーキングして)、ゲーム上の畑に種を撒き、野菜を育て、収穫した作物を販売することで「ASTR」が獲得できるゲーム内容だ。

なお今回の発表で「TonFarm」は、「TON」のネイティブトークンであるトンコイン(TON)を利用する要素は公開されていない。「あたらしい経済」編集部がクリプトゲームスへ取材したところ、「TonFarm」は「Astar Farm」と異なり、「課金ゲーム」になるとのことだ。

また今回の発表でクリプトゲームスは、「TON」の日本コミュニティであるTON Japan(トンジャパン)へ参画したことも伝えている。TON Japanは、昨今のTONブロックチェーンでのユーザー数の増加、TVLの増加を踏まえ、TONブロックチェーンを使ったプロジェクトの立ち上げの支援と成長を目的にしたコミュニティである。

※2024.7.10 22:00  取材内容を追記しました。

関連ニュース

image:iStocks/Galeanu-Mihai

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【7/25話題】SBIが「ビットコイン現物ETF」取り扱い準備か、DEAと東京電力らがDePINの「ピクトレ」を東京で実証試験へなど(音声ニュース)

SBIがビットコイン現物ETF取り扱い準備か=報道、DEAと東京電力らがDePINコンテンツ「ピクトレ」、東京都の3区で実証試験へ、京東コインリンク科技、香港ドルにペッグのステーブルコイン発行予定と発表、フェラーリが暗号資産決済システムを欧州にも拡大、米国での導入に続き、NTTデジタルとマツモト、卒業アルバムにブロックチェーン活用へ、タイ、デジタル資産配布の登録受付を8月1日から開始。デジタルウォレット政策一環で、農産業のRWAマーケットプレイス「Agridex」、ソラナ上で初の農業取引を決済=報道