米サークルがEUでUSDCとEURC発行可能に、MiCA準拠で

米サークルがEUでUSDCとEURC発行可能に

米サークル(Circle Internet Financial)が、「欧州連合暗号資産(仮想通貨)市場規制法案(MiCA)」に準拠した、初のグローバルステーブルコイン発行企業となったことを7月1日発表した。

発表によると「MiCA」への準拠は、サークルが仏銀行規制当局のフランス健全性監督破綻処理機構(ACPR)から電子マネー機関(EMI)ライセンスを取得したことにより実現したという。

このライセンスによりサークルは、同社発行の米ドルステーブルコイン「USDC」とユーロステーブルコイン「EURC」を、「MiCA」準拠のうえ、EU(欧州連合)にて発行可能になったとのこと。

またEUの法人企業向けにサークルは、「USDC」と「EURC」の発行・償還プラットフォーム「サークルミント(Circle Mint)」の提供も正式に開始したとのことだ。

なおサークルは昨年3月にフランスにおいてEMIライセンスと登録デジタル資産サービスプロバイダー(DASP)の申請をしていた。

サークルの共同創業者兼CEOのジェレミー・アレール(Jeremy Allaire)氏は「創業以来、サークルはステーブルコインのための耐久性とコンプライアンスを踏まえた、十分に規制されたインフラストラクチャの構築を追求してきました。世界で最も包括的な暗号資産規制体制の1つを示すMiCAへの準拠は、デジタル通貨を主流の規模と受容に導くための大きなマイルストーンです」とコメントしている。

またサークルの最高戦略責任者兼グローバルポリシー責任者であるダンテ・ディスパルテ(Dante Disparte)氏は、「フランスのEMIライセンスを通じてMiCAコンプライアンスを達成することは、サークルにとってだけでなく、欧州そして世界のデジタル金融エコシステム全体にとって重要な前進です」と述べている。

関連ニュース

参考:サークル
image:iStocks/Aleksei_Derin

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【7/19話題】ポリゴンの「MATIC」から「POL」移行は9月4日に、コインチェック流出NEM収受事件の上告棄却など(音声ニュース)

ポリゴンラボ、「MATIC」の「POL」移行は9月4日に予定、最高裁、コインチェック流出NEM収受事件の上告を棄却、インド暗号資産取引所ワジールX、マルチシグウォレットのハッキング受け2億ドル超が不正流出、トランプが「ビットコインカンファレンス2024」で資金調達イベント実施か、1名参加費は約1.3億円=報道、ヴィタリック、「親クリプト派という理由だけで候補者を選ぶべきでない」と警告、米クラーケン、機関投資家向けカストディサービスを英国と豪州に拡大、コインベースにゲーム特化型L2「Ancient8(A8)」上場へ、香港金融管理局「ステーブルコイン発行者サンドボックス」にアニモカブランズら参加

Sponsored