21Shares、VanEckに続き「ソラナ現物ETF」を米SECに申請

21シェアーズが米国2例目のソラナ現物ETFを申請

スイス拠点の資産運用会社21シェアーズ(21Shares)が、米証券取引委員会(SEC)に暗号資産ソラナ(SOL)の現物価格に連動した上場投資信託(ETF)のS-1申請書類を6月28日提出した。

米国においてソラナの現物ETFが申請されるのは2例目だ。6月26日に米資産運用会社ヴァンエック(VanEck)が、ソラナ現物ETF「ヴァンエック・ソラナ・トラスト(VanEck Solana Trust)」のS-1申請書類提出を報告している。

なお21シェアーズが提出した申請書類によると、同社が申請したソラナ現物ETFの名称は「21Shares Core Solana ETF」。ヴァンエックと同様に同ETFは、シーボーBZX取引所(Cboe BZX exchange)へ上場させる予定だ。

同ETFの裏付け資産となるSOLは、米暗号資産(仮想通貨)取引所コインベース(Coinbase)のカストディ部門であるコインベースカストディ(Coinbase Custody Trust Company)が保管業務を担う。

また信託するSOLは、ステーキングに利用しないことも申請書に明記されている。

SOLについては、昨年6月に海外大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)らを訴えた際の訴状にて、SOLを含む13銘柄の暗号資産について「有価証券に該当する」とSECが指摘していた。

また同13銘柄には含まれないものの、以前より証券性について調査されていたイーサリアム(ETH)については、SECの調査が終了し「有価証券に該当しない」ことが6月19日に米コンセンシス(Consensys)より報告されている。そしてイーサリアム現物ETFについては、早ければ7月4日にも承認する可能性があると業界幹部やその他の関係者の話としてロイターが報じている。

ヴァンエックのデジタル資産リサーチ責任者のマシュー・シーゲル(Matthew Sigel)氏は、SOLがビットコイン(BTC)やETHと同じく証券ではなく「商品(コモディティ)である」とした旨を伝えている。

関連ニュース

参考:申請書
image:iStocks/VPanteon

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【7/19話題】ポリゴンの「MATIC」から「POL」移行は9月4日に、コインチェック流出NEM収受事件の上告棄却など(音声ニュース)

ポリゴンラボ、「MATIC」の「POL」移行は9月4日に予定、最高裁、コインチェック流出NEM収受事件の上告を棄却、インド暗号資産取引所ワジールX、マルチシグウォレットのハッキング受け2億ドル超が不正流出、トランプが「ビットコインカンファレンス2024」で資金調達イベント実施か、1名参加費は約1.3億円=報道、ヴィタリック、「親クリプト派という理由だけで候補者を選ぶべきでない」と警告、米クラーケン、機関投資家向けカストディサービスを英国と豪州に拡大、コインベースにゲーム特化型L2「Ancient8(A8)」上場へ、香港金融管理局「ステーブルコイン発行者サンドボックス」にアニモカブランズら参加

Sponsored