ソラナ、ZK圧縮技術でブロックチェーンの保存コストを大幅削減

ソラナブロックチェーンの保存コストが大幅削減

ZK圧縮(ZK Compression)技術提供のライトプロトコル(Light Protocol)が、データインフラを提供するヘリウス(Helius)と連携し、ソラナ(Solana)上で圧縮されたデータを簡単に利用可能にするインフラの提供開始を6月22日発表した。

ライトプロトコル提供のZK圧縮では、ブロックチェーンにおけるデータの一部であるステート(状態)を圧縮することで、本来高くなるブロックチェーンのデータ保存コストを大幅に削減して、そのデータの正確性を保証できるとのこと。

そして今回ライトプロトコルとヘリウスが連携したことで、ZK圧縮技術のリモートプロシージャコール(RPC)実装が実現したとのこと。これによりソラナ上のユーザーや開発者は、ZK圧縮の技術を理解していなくても、データプライバシーを保持したまま効率的なデータ管理と検証ができるという。

具体的にはSPLトークンの圧縮や、プログラムで使う特別なアカウントの圧縮、またヘリウス提供のインデクサーでデータの検索及び管理などが可能になったとのことだ。

ソラナ財団(Solana Foundation)戦略責任者オースティン・フェデラ(Austin Federa)氏は、ZK圧縮技術のRPC実装について「企業がトークンを使用して45000万人のユーザーをブロックチェーンに呼び込もうとする場合、通常はアカウントスペースを確保する為に数十億円(数千万ドル)のコストがかかります。しかしこの圧縮技術を使えば、そのコストは約400万円(約25000ドル)にまで削減できます」とXにて述べている。

関連ニュース

参考:ブラスト
images:iStocks/metamorworks

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【7/25話題】SBIが「ビットコイン現物ETF」取り扱い準備か、DEAと東京電力らがDePINの「ピクトレ」を東京で実証試験へなど(音声ニュース)

SBIがビットコイン現物ETF取り扱い準備か=報道、DEAと東京電力らがDePINコンテンツ「ピクトレ」、東京都の3区で実証試験へ、京東コインリンク科技、香港ドルにペッグのステーブルコイン発行予定と発表、フェラーリが暗号資産決済システムを欧州にも拡大、米国での導入に続き、NTTデジタルとマツモト、卒業アルバムにブロックチェーン活用へ、タイ、デジタル資産配布の登録受付を8月1日から開始。デジタルウォレット政策一環で、農産業のRWAマーケットプレイス「Agridex」、ソラナ上で初の農業取引を決済=報道