ソラナラボ、海外ブランド向けロイヤルティプラットフォーム「Bond」立ち上げ

ソラナラボがロイヤルティプラットフォーム立ち上げ

ソラナ(Solana)主要開発元の「ソラナラボ(Solana Labs)」が、海外ブランド向けロイヤルティプラットフォーム「ボンド(Bond)」の立ち上げを6月12日発表した。

「ボンド」は、海外ブランドが顧客に対してデジタルを組み合わせた顧客体験や、ソラナブロックチェーンを通じた商品の真贋証明などを提供できるプラットフォームだ。なお「ボンド」を利用するブランドは、ブロックチェーンに関する知識が必要ないという。

さらに「ボンド」では、ブランドが顧客データのプライバシー設定や、ターゲットを絞ったアウトリーチといったカスタマイズされた顧客体験を直ぐに提供できるとのこと。

「ボンド」は最近のロイヤルティプログラムについて「卸売業者を通じた製品販売や再販、贈与などは、商品を売るブランドがエンドユーザーとの直接的な関係を失うことが多い為、顧客ベースを完全に理解した分析が難しくなります」と説明。

また異なるブランド同士によるパートナーシップについては「個人データの共有という課題があり、危険な関係や戦略的コントロールを失うといったリスクがある」と伝えている。

そこで「ボンド」では、顧客1人ひとりの好みや行動に合わせた体験を通じてブランドが顧客と直接交流できるエコシステムを構築していくという。これにより顧客のエンゲージメントを高め、ロイヤルティの強化が可能になるとのことだ。

関連ニュース

参考:ボンド
images:iStoks/Aleksei_Derin

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【7/25話題】SBIが「ビットコイン現物ETF」取り扱い準備か、DEAと東京電力らがDePINの「ピクトレ」を東京で実証試験へなど(音声ニュース)

SBIがビットコイン現物ETF取り扱い準備か=報道、DEAと東京電力らがDePINコンテンツ「ピクトレ」、東京都の3区で実証試験へ、京東コインリンク科技、香港ドルにペッグのステーブルコイン発行予定と発表、フェラーリが暗号資産決済システムを欧州にも拡大、米国での導入に続き、NTTデジタルとマツモト、卒業アルバムにブロックチェーン活用へ、タイ、デジタル資産配布の登録受付を8月1日から開始。デジタルウォレット政策一環で、農産業のRWAマーケットプレイス「Agridex」、ソラナ上で初の農業取引を決済=報道