Zaif、ステーキングサービスに「シンボル(XYM)」追加へ

ZaifのステーキングサービスにXYM追加へ

国内暗号資産(仮想通貨)取引所Zaif(ザイフ)提供の暗号資産ステーキングサービスに、暗号資産シンボル(XYM)が対象銘柄として追加されることが7月1日発表された。

Zaifによると同サービスでXYMをサポート対象にするのは7月16日から。ユーザーは特にステーキングサービス利用について申し込む必要はなく、Zaifの口座にXYMを保有しているだけで、ステーキングの報酬が得られる仕組みとなっている。これは法人口座でも有効だ。

ただし、同取引所のステーキングサービスでは、対象暗号資産を保有するアカウントのうち、本人確認等の口座開設手続きが完了していないアカウント、またはロックされたアカウントは対象外である。

同サービスによるXYMのステーキング報酬は、Zaifの手数料控除前で年率2.0~5.0%を見込むとのこと。ステーキングサービスの運営に関わるZaifのコスト(ステーキング報酬の約20~30%)を差し引いたものが、ステーキング報酬としてユーザーへ支払われるとのことだ。

現在Zaifではステーキングサービスにてイーサリアム(ETH)のみを取り扱っている。XYMは同サービスでは2銘柄目の対応暗号資産となる。

ステーキングとは、「バリデーター」と呼ばれるユーザーが、対象となる暗号資産を一定量保有(ロック)することで取引記録のブロック生成プロセスに参加し、報酬を得る行為のこと。

暗号資産取引所が提供するステーキングサービスの一例として、ユーザーからトークンをプールに集め、ネットワークにまとめて預け入れる形式がある。この場合、ユーザーはステーキング参加に本来必要な暗号資産保有量を持たなくとも、少額でステーキング報酬が得られる。

なおステーキングは、コンセンサスアルゴリズムの「PoS(プルーフ・オブ・ステーク)」を採用するブロックチェーンで実行が可能となっている。コンセンサスアルゴリズムとは、暗号資産のブロックを追加する際の合意形成のアルゴリズムである。

関連ニュース

参考:ザイフ
image:iStocks/wvihrev・Rawpixel

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【7/19話題】ポリゴンの「MATIC」から「POL」移行は9月4日に、コインチェック流出NEM収受事件の上告棄却など(音声ニュース)

ポリゴンラボ、「MATIC」の「POL」移行は9月4日に予定、最高裁、コインチェック流出NEM収受事件の上告を棄却、インド暗号資産取引所ワジールX、マルチシグウォレットのハッキング受け2億ドル超が不正流出、トランプが「ビットコインカンファレンス2024」で資金調達イベント実施か、1名参加費は約1.3億円=報道、ヴィタリック、「親クリプト派という理由だけで候補者を選ぶべきでない」と警告、米クラーケン、機関投資家向けカストディサービスを英国と豪州に拡大、コインベースにゲーム特化型L2「Ancient8(A8)」上場へ、香港金融管理局「ステーブルコイン発行者サンドボックス」にアニモカブランズら参加

Sponsored