ゲーム特化のソラナL2「ソニック」、シリーズAで1200万ドル調達

ソニックが約19億円調達

ゲーム特化のソラナ(Solana)のレイヤー2「ソニック(Sonic)」が、1,200万ドル(約18.9億円)のシリーズA資金調達ラウンドの完了を6月18日発表した。

この調達ラウンドはビットクラフト(BITKRAFT)が主導し、ギャラクシーインタラクティブ(Galaxy Interactive)、OKXベンチャーズ(OKX Ventures)、サンクターキャピタル(Sanctor Capital)、ミラーナベンチャーズ(Mirana Ventures)、ビッグブレインホールディングス(Big Brain Holdings)、サイファーキャピタルグループ(Cypher Capital Group)、マスクネットワーク(Mask Network)などのVCが参加している。

今回のラウンド完了により調達総額は1,600万ドル(約25.3億円)になったとのこと。なお調達した資金の具体的な使用用途については発表されていない。

「ソニック」は、web3ゲームインフラストラクチャ開発のミラーワールド(Mirror World)が手掛けた、初のモジュール式ソラナ仮想マシン「Solana Virtual Machine(SVM)」を搭載したチェーン。同チェーン上のゲーム開発者はゲーム専用のロールアップを作成でき、処理したリクエストはソラナに戻せるように設計されているという。

また「ソニック」の「SVM」には核となる技術である「ハイパーグリッド(HyperGrid)」が搭載されており、ゲーム開発者は「ソニック」の利用により、独自のゲームエンジンやアプリケーションをソラナ上で展開できるとのこと。

さらに「ソニック」ではソラナの高速スループットを享受しながら、カスタマイズ可能なブロックチェーンエコノミーを構築できるとのこと。また開発者には、決済インフラストラクチャ用のツールや、web3ゲームを構築する為に必要なユーザーエンゲージメントツールも提供されているとのことだ。

関連ニュース

images:iStocks/BadBrother

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【7/25話題】SBIが「ビットコイン現物ETF」取り扱い準備か、DEAと東京電力らがDePINの「ピクトレ」を東京で実証試験へなど(音声ニュース)

SBIがビットコイン現物ETF取り扱い準備か=報道、DEAと東京電力らがDePINコンテンツ「ピクトレ」、東京都の3区で実証試験へ、京東コインリンク科技、香港ドルにペッグのステーブルコイン発行予定と発表、フェラーリが暗号資産決済システムを欧州にも拡大、米国での導入に続き、NTTデジタルとマツモト、卒業アルバムにブロックチェーン活用へ、タイ、デジタル資産配布の登録受付を8月1日から開始。デジタルウォレット政策一環で、農産業のRWAマーケットプレイス「Agridex」、ソラナ上で初の農業取引を決済=報道