バイナンス、BNB保有者向けエアドロサービス「HODLer Airdrops」開始

BNB保有者向けエアドロサービス開始

大手海外暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)が、暗号資産(仮想通貨)ビルドアンドビルド(BNB)の保有者専用エアドロップサービス「ホドラーエアドロップ(HODLer Airdrops)」の開始を6月19日発表した。

「ホドラーエアドロップ」では、BNB保有者がバイナンス提供の貸暗号資産サービス「シンプルアーン(Simple Earn)」に加入することで、バイナンスに上場間近の暗号資産を、BNBの保有量に応じてエアドロップ形式で受け取れるとのこと。

なお「ホドラーエアドロップ」におけるユーザーのBNB保有量の計算には上限がある為、エアドロップ報酬の計算基準となるBNB保有量の上限は、エアドロップを実施するプロジェクトごとに変わるという。

またバイナンスは「シンプルアーン」内のユーザーの資産残高を確認する為に、1時間ごとにランダムで複数回スナップショットを取得するとのこと。これによりユーザーの1時間あたりの平均残高を計算できるという。なおエアドロップされる暗号資産は、バイナンスで上場する前に各対象者のバイナンス口座へ自動的に送られるとのことだ。

ちなみにバイナンスは、同取引所における全世界のユーザー数が2億人に達したことを今月8日発表しており、3月にはユーザー資産保有額が1000億ドルを突破したことも報告している。

関連ニュース

参考:バイナンス
images:iStocks/BSVIT・noLimit46

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【7/25話題】SBIが「ビットコイン現物ETF」取り扱い準備か、DEAと東京電力らがDePINの「ピクトレ」を東京で実証試験へなど(音声ニュース)

SBIがビットコイン現物ETF取り扱い準備か=報道、DEAと東京電力らがDePINコンテンツ「ピクトレ」、東京都の3区で実証試験へ、京東コインリンク科技、香港ドルにペッグのステーブルコイン発行予定と発表、フェラーリが暗号資産決済システムを欧州にも拡大、米国での導入に続き、NTTデジタルとマツモト、卒業アルバムにブロックチェーン活用へ、タイ、デジタル資産配布の登録受付を8月1日から開始。デジタルウォレット政策一環で、農産業のRWAマーケットプレイス「Agridex」、ソラナ上で初の農業取引を決済=報道