電通がブロックチェーン技術を活用したコンテンツのマネタイズについて共同研究「n次流通プロジェクト」を開始

株式会社電通が、ブロックチェーン技術を活用したコンテンツのマネタイズについて共同研究プロジェクト「n次流通プロジェクト」を開始することが明らかになった。

共同研究プロジェクトの参加企業は、株式会社電通国際情報サービス、株式会社VOYAGE GROUP、シビラ株式会社、株式会社角川アスキー総合研究所、株式会社朝日新聞社、スタートバーン株式会社となる。

目的は、原著作者ら一次創作者と連携し、原著作者とn次創作者の双方が受け取るインセンティブについて設計を行うことで、コンテンツの新しいマネタイズ可能性を検討していく ・同プロジェクトは、2020年3月に実証実験が行われる予定で、角川アスキーは運営している雑誌・コミックなどが読める「ePub viewer for twitter」サービスを通して協力予定となっている。


・あたらしい経済編集部は、電通広報局広報部の中島亜希氏にプロジェクトに関する2つ質問を投げかけた。

1.電通として、ブロックチェーン領域がビジネスチャンスだと思ったポイントは何でしょうか?

情報流通の中央管理によって成り立っていた消費者との情報接触手段が,協力者を介した「横断・ボーダレス」型へと変化する時代認識のもとで、協力者であるn次流通・創作の関与者についても正当なインセンティブを享受すべき対象と捉えた新しいコンテンツ価値の評価システムについて、検討を始めることとしました。

誰が n 次の流通・創作に関与することがロングテールで見た場合にオリジナルのコンテンツにより多くの付加価値(創作者の与信をともなってのコメントや見通しの確かさだったり、情報の真正性だったり)を生み出しているかを判定したいと考えています。

2.インセンティブを他の金融商品として扱うことや、他のプラットフォームへの展開を考えていますか?

今後の共同研究先との議論を通してインセンティブのあり方を検討予定ですので、現段階では想定となりますがNFT(Non-Fungible Token/非代替トークン: 日本円などの法定通貨との換金性・換金機能を有しない暗号化されたトークン)とする見通しです。今後、そのトークンに対して機能を付与する際に、交換券として金融商品にすることに合理性が見出せるならば、そのような展開も可能性としてはあり得ますが現状未定です。

なお、他のメディアへの展開ありきで当初より設計作業を進めていく方針ですので、プラットフォーム横断でのコンテンツトレーサビリティの実現に繋げられたらと考えています。

編集部のコメント

電通は2016年に、三菱地所、電通国際情報サービスと共に、国内初で最大のFinTech産業拠点「FINOLAB」を立ち上げ、運営しています。そして2018年3月1日に、電通は社内横断組織「電通ブロックチェーンコミュニティー」を発足させています。これまで、電通はブロックチェーンに対して、コミュニティやリサーチ中心でありましたが、事業のタネとなりうる実証実験を開始したことは、国内にとって大きな動きだと、あたらしい経済編集部は考えます。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済)

(images:antoniokhr)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

「あたらしい経済」 はブロックチェーン、暗号通貨などweb3特化した、幻冬舎が運営する2018年創刊のメディアです。出版社だからこその取材力と編集クオリティで、ニュースやインタビュー・コラムなどのテキスト記事に加え、ポッドキャストやYouTube、イベント、書籍出版など様々な情報発信をしています。また企業向けにWeb3に関するコンサルティングや、社内研修、コンテンツ制作サポートなども提供。さらに企業向けコミュニティ「Web3 Business Hub」の運営(Kudasaiと共同運営)しています。

これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

「あたらしい経済」 はブロックチェーン、暗号通貨などweb3特化した、幻冬舎が運営する2018年創刊のメディアです。出版社だからこその取材力と編集クオリティで、ニュースやインタビュー・コラムなどのテキスト記事に加え、ポッドキャストやYouTube、イベント、書籍出版など様々な情報発信をしています。また企業向けにWeb3に関するコンサルティングや、社内研修、コンテンツ制作サポートなども提供。さらに企業向けコミュニティ「Web3 Business Hub」の運営(Kudasaiと共同運営)しています。

これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【7/24話題】デジタルアセットマーケッツがAva Labsと提携、dYdX開発会社がv3を売却交渉中かなど(音声ニュース)

デジタルアセットマーケッツがアバランチのAva Labsと提携、RWAトークンの発行・流通などで、dYdX、開発会社が前バージョンv3を売却交渉中か=報道、米国で「イーサリアム現物ETF」が取引開始、初日の総取引量は10億ドル超、米大手投資管理会社ハミルトン・レーン、ソラナ上でプライベート・クレジット・ファンド「SCOPE」立ち上げ、バイナンスラボ、TON基盤ゲーム「Catizen」開発のプルートスタジオへ出資、香港、アジア初の「インバース型ビットコインETF」ローンチ

バイナンスラボ、TON基盤ゲーム「Catizen」開発のプルートスタジオへ出資

バイナンスラボがプルートスタジオへ出資 バイナンスラボ(Binance Labs)が、「オープンネットワーク(The Open Network:TON)」基盤のゲーム「キャティゼン(Catizen)」をリリースしたプルートスタジオ(PLUTO Studios)に投資したことを7月24日発表した。 バイナンスラボは、今回プルートスタジオの資金調達ラウンドを主導したとのこと

米大手投資管理会社ハミルトン・レーン、ソラナ上でプライベート・クレジット・ファンド「SCOPE」立ち上げ

9,200億ドル超の運用・管理資産を有する米大手投資管理会社ハミルトン・レーン(Hamilton Lane)が、ソラナブロックチェーン上のプライベート・クレジット・ファンド「シニア・クレジット・オポチュニティーズ・ファンド(SCOPE)」を立ち上げたと7月23日発表した

米国で「イーサリアム現物ETF」が取引開始、初日の総取引量は10億ドル超

デジタル資産インデックスを提供するCFベンチマークズ(CF Benchmarks)、ビットワイズ・アセット・マネジメント(Bitwise Asset Management)、トレーダーらによると、イーサリアム(ETH)の価格に連動する米国の上場投資信託(ETF)は、7月23日に好調なデビューを飾り、10億7000万ドル相当の株式が取引され

【7/23話題】米SECが「イーサリアム現物ETF」最終承認、海外取引所Gateが日本向けサービス終了へなど(音声ニュース)

米証券取引委員会が「イーサリアム現物ETF」最終承認、23日より取引開始、海外暗号資産取引所Gate .io、日本向けサービス終了へ、ジパングコイン等のRWAトークンをグローバル展開へ、デジタルアセットマーケッツが韓国CREDERと提携、ビットトレード、フォビトークン(HT)取扱い廃止へ、スラッシュ、「Uniswap-Arbitrum Grant Program」から助成金獲得、バイナンスUS、顧客資産を財務省短期証券で運用する承認得る、テレグラム、今月中にミニアプリストアとWeb3用アプリ内ブラウザが導入へ