日欧スウェーデンの中央銀行などがデジタル通貨共同研究グループ設立を発表

日欧スウェーデンの中央銀行などがデジタル通貨共同研究グループ設立を発表

日本銀行、欧州中央銀行、国際決済銀行、カナダ銀行、イングランド銀行、スウェーデン・リクスバンク、スイス国民銀行、計7行が中央銀行銀行デジタル通貨(CBDC)の活用可能性をリサーチするグループを設立した。

このグループは、中央銀行デジタル通貨の活用のあり方、クロスボーダーの相互運用性を含む経済面、機能面、技術面での設計の選択肢を評価するとともに、先端的な技術について知見を共有する。

グループは、ブノワジョルジュクーレ(Benoît Cœuré)BISイノベーション・ハブ局長とジョン・カンリフ(Jon Cunliffe)イングランド銀行副総裁・BIS CPMI議長が共同議長を務め、参加機関の幹部で構成される。

編集部のコメント

日本銀行がこれまでCBDCに対して、どのようなアプローチを行ってきたのかを説明します。中心となるのは「Project Stella」です。このプロジェクトは2016年12月に欧州中央銀行と日本銀行によって立ち上げられました。設立の目的は、分散型台帳技術(distributed ledger technology、DLT)は、金融資産や金融取引等のデータを記録するための技術であり、単一の中央管理システムを置くことなく、ネットワークでつながれた複数のコンピュータがデータの検証・更新を行うことを可能とするものという解釈のもと、金融市場インフラへの DLT の応用可能性を調査するためです。
これまでプロジェクトは、3回レポートを出しています。

1.分散型台帳技術による資金決済システムの流動性節約機能の実現(https://www.boj.or.jp/announcements/release_2017/data/rel170906a3.pdf)
2.分散型台帳技術によるDvP決済の実現(http://www.boj.or.jp/announcements/release_2018/data/rel180327a3.pdf)
3.クロスボーダー取引における支払の同期化(https://www.boj.or.jp/announcements/release_2019/data/rel190604a4.pdf)

これからの背景から、日本銀行と欧州中央銀行がタッグを組みCBDCに対してアプローチをかけるのは必然の流れです。そこに、実際にCBDCをテスト発行したスウェーデン・リクスバンクやカナダ銀行、国際決済銀行などが参画することは素晴らしいと思います。これにより、CBDCに関する大国の動きは、中国のDCEP、日本/ECB、フランスとなりました。注目すべきは、アメリカのFRB(米連邦準備理事会)の動きです。既存のグローバル経済ネットワークは、FRBを中心に動いています。各国は、CBDCを発行することで、ドル経済圏からの脱却を狙っています。


コメント:竹田匡宏(あたらしい経済)

(images:Guzaliia Filimonova )

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

「あたらしい経済」 はブロックチェーン、暗号通貨などweb3特化した、幻冬舎が運営する2018年創刊のメディアです。出版社だからこその取材力と編集クオリティで、ニュースやインタビュー・コラムなどのテキスト記事に加え、ポッドキャストやYouTube、イベント、書籍出版など様々な情報発信をしています。また企業向けにWeb3に関するコンサルティングや、社内研修、コンテンツ制作サポートなども提供。さらに企業向けコミュニティ「Web3 Business Hub」の運営(Kudasaiと共同運営)しています。

これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

「あたらしい経済」 はブロックチェーン、暗号通貨などweb3特化した、幻冬舎が運営する2018年創刊のメディアです。出版社だからこその取材力と編集クオリティで、ニュースやインタビュー・コラムなどのテキスト記事に加え、ポッドキャストやYouTube、イベント、書籍出版など様々な情報発信をしています。また企業向けにWeb3に関するコンサルティングや、社内研修、コンテンツ制作サポートなども提供。さらに企業向けコミュニティ「Web3 Business Hub」の運営(Kudasaiと共同運営)しています。

これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【7/24話題】デジタルアセットマーケッツがAva Labsと提携、dYdX開発会社がv3を売却交渉中かなど(音声ニュース)

デジタルアセットマーケッツがアバランチのAva Labsと提携、RWAトークンの発行・流通などで、dYdX、開発会社が前バージョンv3を売却交渉中か=報道、米国で「イーサリアム現物ETF」が取引開始、初日の総取引量は10億ドル超、米大手投資管理会社ハミルトン・レーン、ソラナ上でプライベート・クレジット・ファンド「SCOPE」立ち上げ、バイナンスラボ、TON基盤ゲーム「Catizen」開発のプルートスタジオへ出資、香港、アジア初の「インバース型ビットコインETF」ローンチ

バイナンスラボ、TON基盤ゲーム「Catizen」開発のプルートスタジオへ出資

バイナンスラボがプルートスタジオへ出資 バイナンスラボ(Binance Labs)が、「オープンネットワーク(The Open Network:TON)」基盤のゲーム「キャティゼン(Catizen)」をリリースしたプルートスタジオ(PLUTO Studios)に投資したことを7月24日発表した。 バイナンスラボは、今回プルートスタジオの資金調達ラウンドを主導したとのこと

米大手投資管理会社ハミルトン・レーン、ソラナ上でプライベート・クレジット・ファンド「SCOPE」立ち上げ

9,200億ドル超の運用・管理資産を有する米大手投資管理会社ハミルトン・レーン(Hamilton Lane)が、ソラナブロックチェーン上のプライベート・クレジット・ファンド「シニア・クレジット・オポチュニティーズ・ファンド(SCOPE)」を立ち上げたと7月23日発表した

米国で「イーサリアム現物ETF」が取引開始、初日の総取引量は10億ドル超

デジタル資産インデックスを提供するCFベンチマークズ(CF Benchmarks)、ビットワイズ・アセット・マネジメント(Bitwise Asset Management)、トレーダーらによると、イーサリアム(ETH)の価格に連動する米国の上場投資信託(ETF)は、7月23日に好調なデビューを飾り、10億7000万ドル相当の株式が取引され

【7/23話題】米SECが「イーサリアム現物ETF」最終承認、海外取引所Gateが日本向けサービス終了へなど(音声ニュース)

米証券取引委員会が「イーサリアム現物ETF」最終承認、23日より取引開始、海外暗号資産取引所Gate .io、日本向けサービス終了へ、ジパングコイン等のRWAトークンをグローバル展開へ、デジタルアセットマーケッツが韓国CREDERと提携、ビットトレード、フォビトークン(HT)取扱い廃止へ、スラッシュ、「Uniswap-Arbitrum Grant Program」から助成金獲得、バイナンスUS、顧客資産を財務省短期証券で運用する承認得る、テレグラム、今月中にミニアプリストアとWeb3用アプリ内ブラウザが導入へ