フランクリン・テンプルトンが新たな暗号資産投資ファンド設立か、BenjiプラットフォームでUSDC変換機能提供も

暗号資産特化の新ファンド設立か

米大手資産運用企業フランクリン・テンプルトン(Franklin Templeton)が、暗号資産(仮想通貨)に特化した新たな投資ファンド設立を検討しているようだ。関係者の話としてザ・インフォメーション(The Information)が6月6日報じた。

同ファンドは機関投資家向けに提供されるもので、ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)以外の暗号資産に投資するプライベートファンドになるようだ。具体的な暗号資産の名前は挙げられていないが、同社は5月、ソラナ(SOL)が第3の主要トークンになるとの見解を示すレポートを発表していた。

なお同ファンドではステーキング報酬の提供も予定されているという。

またフランクリン・テンプルトンは、「ベンジー・インベストメンツ(Benji Investments)」プラットフォームのユーザーがUSDCを米ドルに交換して「オンチェーン米国政府マネーファンド(OnChain U.S. Government Money Fund:FOBXX)」への投資に資金提供できるようになったと同日発表している。

この新機能により、BENJIトークンのシームレスな購入と、米ドル資金のUSDCへの変換が容易になるとのことだ。

なお同変換サービスは、ゼロハッシュ(Zero Hash)によって提供される。

「FOBXX」は、総資産の99.5%以上を「米国政府証券」、「現金」、「米国政府証券または現金で全額担保された現先取引」に投資しているファンドである。ファンドの投資目標は、株主の資本と流動性の維持と一致する高レベルの現在の収入を投資家に提供することであり、安定した 1.00 ドルの株価を維持することを目指しているという。 1 株は1つの「BENJIトークン」で表されている。

なお「FOBXX」は、パブリックブロックチェーンを使用して取引を処理し、株式の所有権を記録する初の米国登録ファンドだ。

同ファンドの組成日は2021年4月6日で、ステラ(XLM)ブロックチェーン上で展開を開始。昨年4月にはポリゴン・ブロックチェーン上での展開を開始している。2024年3月31日時点で、同ファンドは3億6,000万ドル以上の運用資産を保有しているという。

関連ニュース

参考:報道発表
images:iStocks/BalkansCat

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【7/19話題】ポリゴンの「MATIC」から「POL」移行は9月4日に、コインチェック流出NEM収受事件の上告棄却など(音声ニュース)

ポリゴンラボ、「MATIC」の「POL」移行は9月4日に予定、最高裁、コインチェック流出NEM収受事件の上告を棄却、インド暗号資産取引所ワジールX、マルチシグウォレットのハッキング受け2億ドル超が不正流出、トランプが「ビットコインカンファレンス2024」で資金調達イベント実施か、1名参加費は約1.3億円=報道、ヴィタリック、「親クリプト派という理由だけで候補者を選ぶべきでない」と警告、米クラーケン、機関投資家向けカストディサービスを英国と豪州に拡大、コインベースにゲーム特化型L2「Ancient8(A8)」上場へ、香港金融管理局「ステーブルコイン発行者サンドボックス」にアニモカブランズら参加

Sponsored