パクソスが利回り付きステーブルコイン「USDL」ローンチ、アルゼンチンで提供へ

UAEで発行され、アルゼンチンで提供へ

企業向けブロックチェーンインフラ提供やステーブルコイン発行を行うパクソス(Paxos)のアラブ首長国連邦(UAE)部門である「パクソス・インターナショナル(Paxos International)」が、ステーブルコイン「リフト・ドル(Lift dollar:USDL)」のローンチを6月5日発表した。

米ドルに1:1でペッグ(固定/維持)された「USDL」はイーサリアム(Ethereum)上でパーミッションレスで発行され、トークン保有者に日単位でプログラム的に利回りが支払われるという。なおザ・ブロック(The block)によれば、保有者は現在、「USDL」で約5%の利回りを得られるとのことだ。なお「USDL」は、アブダビ・グローバル・マーケット(ADGM)の金融サービス規制当局(FSRA)によって規制されているという。

なお「USDL」の裏付け資産には、米ドル預金、短期米国債、現金同等物といった質の高い流動資産のみが取り扱われるとのことだ。

「USDL」は、まずアルゼンチンで提供開始され、販売パートナーであるRipio、Buenbit、TiendaCryptoを通じて消費者に販売されるとのこと。

また「USDL」は1933年米国証券法に基づいた登録がなされていないため、米国では募集・販売はされないという。さらに「USDL」は、ADGM、英国、欧州連合、カナダ、香港、日本、シンガポールを除く米国、アラブ首長国連邦を含む特定の法域の居住者は利用できないとのことだ。

関連ニュース

参考:パクソス
images:iStocks/Aleksei_Derin

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【7/25話題】SBIが「ビットコイン現物ETF」取り扱い準備か、DEAと東京電力らがDePINの「ピクトレ」を東京で実証試験へなど(音声ニュース)

SBIがビットコイン現物ETF取り扱い準備か=報道、DEAと東京電力らがDePINコンテンツ「ピクトレ」、東京都の3区で実証試験へ、京東コインリンク科技、香港ドルにペッグのステーブルコイン発行予定と発表、フェラーリが暗号資産決済システムを欧州にも拡大、米国での導入に続き、NTTデジタルとマツモト、卒業アルバムにブロックチェーン活用へ、タイ、デジタル資産配布の登録受付を8月1日から開始。デジタルウォレット政策一環で、農産業のRWAマーケットプレイス「Agridex」、ソラナ上で初の農業取引を決済=報道