イーサL2「Taiko」、独自トークン「TKO」のエアドロ実施へ

Taiko独自トークンTKOエアドロップ実施へ

イーサリアム(Ethereum)L2スケーリングソリューション「タイコ(Taiko)」の独自トークン「TKO」のジェネシスエアドロップ実施とその割り当て数が公開された。「タイコ」開発のタイコラボ(Taiko Labs)が5月23日発表した。なおエアドロップの実施日については明らかになっていない。

「TKO」のエアドロップ数は、合計発行枚数10億TKOのうち5%となる5,000万TKOとのこと。なお残り95%の内訳としては、投資家11.82%、タイコラボ及びコアチーム20%、タイコ財団基金16.88%、タイコ公式プルーバーボンド1.5%、リクイディティ及び市場メイキング5%、プロトコルギルドエアドロップ1%、トレイルブレイザーエアドロップ10%、DAOトレジャリー22%、ガーディアンプルーバーボンド2%、グラント及びレトロPGF5%となっている。

またジェネシスエアドロップの対象者は、ブロック提案者、ブロック証明者、「タイコ」テストネット利用者、web3クレデンシャルデータネットワーク「ギャラクス(Galxe)」のキャンペーンへの参加者、対象のギットハブ(Github)リポジトリの貢献者、「タイコ」メインネットで2022年2月1日00:00から2024年2月1日00:00の間に取引を行ったイーサリアムICO参加者とのこと。

なおジェネシスエアドロップを受け取る資格があるか確認できる期間は7日間で、またエアドロップの請求期間については1ヶ月以内となっている。

タイコとは

「タイコ」は、zkロールアップ(zkRollup)活用のイーサリアムのスケーリングソリューションで、イーサリアムの実行環境と互換性を持つ「zkEVM」を搭載している。

またタイコラボでは、「タイコ」をイーサリアムとの完全な互換性を持つ「タイプ1(Type 1)」の「zkEVM」搭載L2ブロックチェーンとして開発しているとのこと。

そして「タイコ」はイーサリアムと互換性を持っているため、イーサリアム上の開発者はコントラクトの変更や、それに伴う監査費用などのコストを一切かけずに「タイコ」へコントラクトを移行できるという。これにより手数料の削減やトランザクションの高速化が達成できるとのこと。

またタイコラボは今年3月に約22.5億円(1,500万ドル)のシリーズA資金調達ラウンドを完了している。

関連ニュース

参考:タイコラボタイコ
images:iStocks/BSVIT・Nobi_Prizue

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【6/21話題】ビットフライヤーがFTX JPの買収合意、カナダでソラナのETP上場申請など

ビットフライヤーがFTX Japanの買収合意を正式発表、暗号資産のカストディと現物ETF提供を目指す、カナダ大手デジタル資産運用3iQ、カナダでソラナのETP上場を申請、米マイクロストラテジーがビットコイン追加購入、保有総数226331BTCに、ワールドコインがケニアでの事業再開へ、警察の捜査中止を受け、レイヤーゼロ、ZROエアドロ請求に寄付制度「Proof-of-Donation」導入、コインベースにLayerZero(ZRO)上場、CFTCがJump Tradingを調査中か=報道、インド金融情報機関、バイナンスへ225万ドルの罰金命令、野村HD子会社レーザーデジタル、アブダビグローバルマーケット(ADGM)のライセンス取得プロセス完了、ゲーム特化のソラナL2「ソニック」、シリーズAで1200万ドル調達

Sponsored