ヴィタリック、コールデータ用の新ガス料金システム導入する「EIP-7706」発表

ヴィタリックが「EIP-7706」を発表

イーサリアム(Ethereum)の共同創業者ヴィタリック・ブテリン(Vitalik Buterin)氏が、コールデータ用の新しいガス料金システムの導入を目的としたEIP:Ethereum Improvement Proposals(イーサリアム改善提案)である「EIP-7706」を5月14日発表した。

コールデータはスマートコントラクトに送る指示書のようなもので、データのサイズに応じてガス(取引手数料)代が発生する。その為データの容量が多いほどガス代は高くなる。

「EIP-7706」ではガス代管理の最適化を目的に新たなガスタイプとして、スマートコントラクトの計算用である「実行ガス」、ストレージ用の「ブロブガス」、「コールデータガス」といった3種類のガス代が導入されるという。

また、ガス代の削減ができるように各ガス代には標準的なガス代である「基本料金(max_basefee)」と、トランザクションの処理を速める為に追加でガス代を支払う「優先料金(priority_fee)」といった2つの料金システムの導入が提案されている。

なお「優先手数料」は「基本手数料」に比べて少額だが、ユーザーが支払うガス代は「基本手数料」と変わらないとのことだ。

今月ブテリン氏は「EIP-7706」の他にも、アカウント抽象化(AA)の改良を目的としたEIPである「EIP-7702」を発表している。

関連ニュース

参考:ギットハブ
images:iStocks/NKTN

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【5/22話題】車のサブスクKINTOが安全運転でNFT発行の実証実験、メルカリがイーサリアム取引サービス開始など

トヨタのサブスクKINTO、安全運転ドライバーにNFT(SBT)発行の実証実験、メルカリ、イーサリアム(ETH)取引サービス開始、イーサリアム現物ETF上場承認に期待、SECが取引所に申請書修正を要請、共和党トランプ陣営、複数の暗号資産で政治資金の寄付受け入れ開始、NTTデジタルが新プロジェクト「web3 Jam」立ち上げ、ブロックチェーン活用で円滑な企業連携めざす、ブラジル中央銀行、暗号資産規制について年末での提案を計画、ビットトレードにソラナ(SOL)上場へ、SBIホールディングス、ブロックチェーンノードサービス提供のChainstackへ出資