中国人民銀行がDCEPのトップレベルデザインを完成させたと明らかに

中国人民銀行がDCEPのトップレベルデザインを完成させたと明らかに

中国人民銀行がデジタル人民元(DCEP)のトップレベル設計までを完了させたと中国の金融メディア「JRJ.com」が報じた。

トップレベル設計とは、デジタル人民元の発行規格や業界規格と研究機能開発のことを示す。

また中国人民銀行のデジタル通貨リサーチ部門トップの Mu Changchun氏は「我々が次に取り掛かるべきは、DCEPはどのような原則に基づき経済を安定させるべきか、DCEPのセキュリティをどのように担保するかを研究、実証することです」と「Blockchain China」の取材に対して答えている

編集部のコメント

中国人民銀行はDCEPの開発や流通に関して、すでに7つの企業と提携しています。 その企業は、中国工業銀行、中国銀行、中国建設銀行、中国農業銀行、チャイナテレコム、チャイナモバイル、ユニオンペイです。DCEPの発行時期は、現在のところ未定となっていますが、トップレベル設計まで2020年初旬に完成をさせていることから、発行の時期は2020年内になる可能性も高いのではないでしょうか。なお中国メディア「 块链中国(Blockchain China)」はFacebookらが2019年にLibra構想を発表したことが、世界中の国に大きな影響を与えていると伝えています。2020年は各国が中央銀行発行のデジタル通貨(CBDC)の研究開発、または発行をする年になると言っても過言ではないかもしれません。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済)

 

(images:Worawee-Meepian)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【4/12話題】ワールドコインのユーザー数が1000万人、メルカリのビットコイン取引サービス利用者数200万人など

ワールドコイン(WLD)、「World App」ユーザー数が1000万人突破、メルカリのビットコイン(BTC)取引サービス、利用者数200万人突破。サービス開始1年で、米サークル、ブラックロックのトークン化ファンド「BUIDL」を「USDC」に交換可能に、川崎重工とSettleMint、ブロックチェーン活用による品質管理の実証実験、GMOコイン、レバレッジ取引に6銘柄追加。ソラナ(SOL)やコスモス(ATOM)など、米ドルステーブルコイン「FDUSD」、Sui(SUI)上にローンチ、Bitfinex Securities、ヒルトンホテルへの資金提供としてエルサルバドル初のトークン化債券を導入、バイナンス、米当局と和解後にコンプライアンス遵守へ向け注力、新CEO語る、a16z crypto、ゼロ知識証明を用いたソリューション「Jolt」リリース、米クラーケン、アイルランドとベルギーで「モネロ(XMR)」上場廃止へ