北京市の公共サービスブロックチェーンアプリ「Beijing Tong」が500万ダウンロード

北京市の公共サービスブロックチェーンアプリ「Beijing Tong」が500万ダウンロード

中国北京市が提供するブロックチェーンモバイルアプリ「Beijing Tong(北京通)」が、500万ダウンロードを超えたことを地元メディアが報じた。

北京市経済情報局副局長であるFeng Pan氏は1月11日に行われた市人民会議にて、同アプリの500万DLの他、1日の利用回数が8万回を記録したことも公表した。また同アプリが現在まで、4つの機密部門を除き、北京政府60部門の1000超の役所がブロックチェーンでつながっていることも併せて述べられたとのこと。

同アプリは、スマートガバナンスを推進し、北京市民へ公共サービスを提供することを目的としている。

ユーザーは同アプリを利用することで、政府発行の身分証明書の保存、郵便番号検索、料金の支払い、役所への訪問予約などを行うことができ、Baiduの検索サービス、メッセージアプリWechat、決済アプリAlipayとも連携しているとのこと。

現在バージョン2.0の同アプリは、2021年には新バージョンをローンチする予定で、政府の業務の半数に対応し、併せて北京冬季オリンピックの関連コンテンツも提供するとのこと。

編集部のコメント

Feng Pan氏の発言によると、このアプリの特徴はビックデータ連動型でブロックチェーン技術を使用をしているとのことです。同アプリはApp Storeでも公開がされています。 
北京市は16の区によって構成されており、市の人口は2,000万人超、都心人口が1,000万人程度となっています。同アプリの500万DLの先が地域別、年齢別にどの程度なのか詳細は不明です。また昨年12月には深セン市が、ブロックチェーン電子証明書プラットフォーム「i深セン」の運用を始めると正式発表しています。「i深セン」は、中国平安グループのスマートシティ・スマートライフチームが構築をしているということです。「Beijing Tong」についてもどのようなブロックチェーンが利用され、どの企業が関わっているか等明言されていませんでした。

コメント:大津賀新也(あたらしい経済)

(images:Aleksei_Derin)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

米ユタ州がブロックチェーンベースの医療データ共有システム構築のためHHSテクノロジーグループと提携

BtoBソリューションを提供するソフトウェア企業HHSテクノロジーグループ(HHS Technology Group:HTG)が米国ユタ州と提携しブロックチェーンを活用した、災害時などに患者の診療情報を医療提供者間で共有するためのシステムを構築することを9月14日に発表した。

LINEが海外展開する暗号資産(仮想通貨)取引所ビットフロント(BITFRONT)が暗号資産の預入で利息が獲得できるサービスを開始

LINE株式会社が、暗号資産(仮想通貨)レンディングプラットフォームを運営するセルシウス・ネットワーク(Celsius Network)と提携し、LINEが運営するグローバル向け暗号資産(仮想通貨)取引所「ビットフロント(BITFRONT)」において、ユーザーが暗号資産の預入で利息が獲得できる「Earn Interest」サービスを提供開始したことを9月17日発表した。

(アンダーソン・毛利・友常法律事務所の長瀨威志弁護士のコメント追記)米国初!ワイオミング州でデジタル銀行「クラーケン・フィナンシャル」が誕生

アメリカの暗号資産(仮想通貨)を運営するクラーケン(Kraken)がアメリカのワイオミング州より「クラーケン・フィナンシャル(Kraken Financial)」の設立申請を認可されたことを発表した。

ワイオミング州でデジタル銀行クラーケン・フィナンシャル誕生、ユニスワップがプロトコルトークンUNI発表、バハマで10月CBDC発行へなどのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

米国初!ワイオミング州でデジタル銀行「クラーケン・フィナンシャル」が誕生、分散型金融プラットフォームのユニスワップがプロトコルトークン「UNI」を発表、ワーナーメディア子会社ターナースポーツがブロックチェーンゲームプラットフォーム「Blocklete Games」をローンチ、バハマ中央銀行がデジタル通貨を10月発行へ、ビットフライヤーが2020年8月の取引実績を発表

(Kyber Network Japan managerの堀次泰介氏、マネーパートナーズグループ社長室の鈴木雄大氏コメントあり)分散型金融プラットフォームのユニスワップがガバナンストークン「UNI」を発表

分散型金融(DeFi)プラットフォームを提供するユニスワップ(Uniswap)がプロトコルトークン「UNI」を発行し、流動性マイニングを行うことを9月16日に発表した。流動性マイニングは日本時間の2020年9月18日午前9時に開始される予定。分散型金融の観点で言及されている流動性マイニングとは、ユーザーが分散型プラットフォームにトークンを供給することで、プラットフォーム側からプロトコルトークンを配布される仕組みのことである。

ワーナーメディア子会社ターナースポーツがブロックチェーンゲームプラットフォーム「Blocklete Games」をローンチ

米総合メディア企業ワーナーメディア(Warner Media, LLC)の子会社であるターナースポーツ(Turner Sports)がブロックチェーンゲームプラットフォーム「Blocklete Games」をローンチしたことを9月16日発表した。なおこのプラットフォーム初のゲームタイトル「Blocklete Golf」のローンチも併せて発表されている。