北國銀行、預金型ステーブルコイン「トチカ」サービス開始

北國銀行、預金型ステーブルコイン「トチカ」サービス開始

石川県金沢市に本店を置く北國銀行が、同行主体で発行する預金型ステーブルコイン「トチカ」のサービス提供開始を4月1日発表した。

「トチカ」は、ブロックチェーンを利用した預金資産を裏付けとするデジタルマネーとして、日本初の事例になるという。

なお北國銀行は昨年10月よりDigital Platformer(デジタルプラットフォーマー)社と共同で、ブロックチェーンを活用したデジタル地域通貨サービス「トチツーカ」の提供を行っている。

「トチツーカ」は、昨年10月より石川県珠洲市で提供されている、自治体発行のデジタル地域通貨「トチポ」を利用するアプリだが、今回「トチポ」に加え「トチカ」の利用が可能になったとのこと。

この「トチカ」と「トチポ」の具体的な違いとして、「トチカ」は前述したように預金型ステーブルコインであるが、「トチポ」はあくまでもポイントの扱いとなっている。

また発行主体は「トチカ」が北國銀行で「トチポ」は自治体。利用店舗は「トチカ」がトチツーカ加盟店であるのに対し「トチポ」では該当する自治体内の加盟店となる。そして大きく異なるのは「トチカ」は換金が可能であることだ。利用者については共にマイナンバーカードの所有が必要だが、「トチカ」に至っては北國銀行に普通預金口座を有する必要がある。

「トチカ」の利用は、「トチツーカ」アプリ上でチャージ用銀行預金口座の登録等を行うことでトチカ口座が開設され、登録した銀行預金口座から同口座へチャージを行うことで、1トチカ=1円としてトチツーカ加盟店での支払いに利用できるとのことだ。

さらに「トチカ」は、加盟店側の決済手数料は0.5%に設定されている。

今後の「トチカ」の展開として、県内の多くの住民が利用できるよう、県内に利用者を有する他金融機関の預金口座からのチャージ連携を進めるとのこと。またユーザー同士で「トチカ」を送ることができる「個人間送金機能」についても 2024年内に実装を進めるとのことだ。

また県外他地域においては、他金融機関の導入などにも協力し、全国の地域でお互いのサービスが利用できる利便 性の高いキャッシュレス環境の実現を目指すとした。これは他地域の他金融機関による預金型ステーブルコインの発行が、自治体との連携や地域の住民へのサービス普及という観点から不可欠と考えているからとのことだ。

なお「あたらしい経済」編集部が北國銀行の担当者に確認したところ、「トチツーカ」に採用されているブロックチェーンは、イーサリアムベースを採用したプライベートチェーンとのこと。同チェーンはデジタルプラットフォーマーと北國銀行で独自開発したパーミッション型のものとのことだ。

関連ニュース

参考:北國銀行
images:iStocks/olegback・Who_I_am

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【4/22話題】ビットコイン4度目の半減期に到達、スラッシュがライフカードと提携など

ビットコイン(BTC)が4度目の半減期に到達、ブロック生成報酬は3.125BTCに、暗号資産決済スラッシュがライフカードと提携、「Slash Vプリカ SHOP」運営へ、アニモカJPがスクエニと提携、「SYMBIOGENESIS」のグローバルマーケティング強化で、FTX元CEOのSBF、プロモーターに対する訴訟に協力で投資家と和解=報道、米SEC、ジャスティン・サンらへの訴状修正で管轄権を主張、オーケーコインジャパン、対ビットコイン(BTC)取引ペアの取扱終了へ、テザーの「USDT」と「XAUT」、テレグラム「TON」上に発行開始、テザー社が事業部門を4組織に再編、デジタル資産分野の事業拡大に向け、機関投資家向けDeFi「Ondo Finance」発行の「USDY」、コスモスへ導入、マルジェラが「足袋シューズNFT」販売開始、The Fabricantと共同で、マイクロストラテジー会長マイケルセイラー、自社株の売却で3.7億ドル取得=報道