オーケーコインジャパン、エイプコイン(APE)とメイカー(MKR)取り扱いへ

オーケーコインジャパンにAPEとMKR上場へ

国内暗号資産(仮想通貨)取引所オーケーコイン・ジャパン(OKCoinJapan)が、暗号資産エイプコイン(APE)およびメイカー(MKR)の取り扱い予定を3月22日発表した。両銘柄の取り扱い開始は3月27日17:00を予定しているという。

なお同取引所に予定通りAPEが上場すれば、国内での取り扱いは6例目。現在はビットバンク・DMM Bitcoin・バイナンスジャパン・コインチェック・ビットフライヤーがAPEを取り扱っている。

またMKRについては9例目。ビットフライヤー・FTX Japan・ビットバンク・GMOコイン・ビットトレード、DMM Bitcoin、Binance Japan、コインチェックが取り扱っている。

発表によると同取引所におけるAPEとMKRの取り扱い対象サービスは、入出庫・販売所・取引所・積立になるとのこと。

また同取引所が取り扱うAPEとMKRの対応ネットワークは、イーサリアム(Ethereum)とのことで、ERC-20規格のトークンとなる。

なおAPE・MKR上場によりオーケーコイン・ジャパンでの取り扱い暗号資産は、合計で39銘柄になる予定だ。

現在オーケーコイン・ジャパンでは、ビットコイン(BTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)、イーサリアム(ETH)、イーサリアムクラシック(ETC)、ライトコイン(LTC)、リップル(XRP)、リスク(LSK)、オーケービー(OKB)、アイオーエスティー(IOST)、エンジンコイン(ENJ)、ベーシックアテンショントークン(BAT)、トロン(TRX)、クアンタム(QTUM)、パレットトークン(PLT)、アバランチ(AVAX)、ステラルーメン(XLM)、カルダノ(ADA)、ディープコイン(DEP)、ポルカドット(DOT)、ジリカ(ZIL)、テゾス(XTZ)、エフィニティトークン(EFI)、シバイヌ(SHIB)、サンド(SAND)、ポリゴン(MATIC)、ダイ(DAI)、ファイルコイン(FIL)、アービトラム(ARB)、アスター(ASTR)、フィナンシェトークン(FNCT)、オアシス(OAS)、スイ(SUI)、マスクネットワーク(MASK)、クレイトン(KLAY)、ドージコイン(DOGE)、アプトス(APT)、ソラナ(SOL)を取り扱っている。

「エイプコイン」は、人気NFTコレクション「ボアードエイプヨットクラブ(Bored Ape Yacht Club:BAYC)」および「ミュータントエイプヨットクラブ(Mutant Ape Yacht Club:MAYC)」などを提供するユガラボ(Yuga Labs)発行のトークンだ。現在、イーサリアム(Ethereum)上でERC-20規格のトークンとして発行がされている。

エイプコインは、独自のイーサリアム(Ethereum)L2ネットワーク「エイプチェーン(ApeChain)」が構築される予定で、今月2月15日には同チェーンを「アービトラムオービット(Arbitrum Orbit)」で構築する提案が可決している。

なお「アービトラムオービット」は、オフチェーンラボ(Offchain Labs)提供の独自チェーン開発用ツールパッケージ。オフチェーンラボは、イーサリアム(Ethereum)のレイヤー2スケーリングソリューション「アービトラム(Arbitrum)」の開発元だ。

またメイカーは、大手DeFi(分散型金融)プロトコル「メイカー(Maker)」を管理するメイカーダオ(MakerDAO)のガバナンストークンだ。

関連ニュース

参考:オーケーコインジャパン
images:iStocks/Ninja-Studio

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【4/18題】TikTokのByteDance子会社がSui採用、ワールドコインが「World Chain」今夏ローンチへ

TikTokのByteDance子会社、ゲーム等のサポート事業に「Sui」採用、ワールドコイン(WLD)、独自のイーサリアムL2「World Chain」今夏ローンチへ、日銀、「中銀デジタル通貨」の連絡会議の中間整理を報告、EY、企業向け契約管理ソリューション「EY OCM」ローンチ。イーサリアム上で、ニュージーランド中銀、デジタル通貨の開発協議スタート

【4/17話題】アバランチ上にトークン化のホームエクイティローン、a16zが新ファンドで72億ドル調達など

米ホミウムが「ホームエクイティローン」をトークン化、Avalancheで発行、a16z、5つの新ファンドで72億ドル調達、オフチェーンラボ、新たな不正行為証明「Arbitrum BOLD」をテストネットローンチ、ペイパル、NFTの購入者と出品者を保護プログラムの対象外に、ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ、ドイツ連邦銀行とMIT、「中銀デジタル通貨」の共同研究

ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ

ソラナ(Solana)上の分散型取引所(DEX)「ドリフト(Drift)」の独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施とその割り当て数が公開された。「ドリフト」のDAO(自立分散型組織)「ドリフトDAO財団(Drift DAO Foundation)」が4月16日発表した。なおエアドロップの実施日については明らかになっていない