ユニスワップ(UNI)に新機能が追加、暗号資産取引がよりシームレスに

3つの新機能

大手DEX(分散型取引所)ユニスワップ(Uniswap)に3つの新機能が追加された。同プロトコル開発元であるユニスワップラボ(Uniswap Labs)が2月28日発表した。

今回追加されたのは、ブラウザのサイドバー・ウォレット拡張機能の「ユニスワップエクステンション」、指値注文エンジンの「リミットオーダー」、そしてデータと洞察ページである「データ&インサイツ」だ。

「ユニスワップエクステンション」は、ブラウザのサイドバー内にあるウォレット拡張機能であり、デジタル資産のスワップ、取引の署名、暗号資産のオンライン取引を効率化する機能だ。

なお同機能へのアーリーアクセス希望者は、現在ウェイティングリストに参加する必要がある。4~6週間でツールにアクセスできるようになるという。

また「リミットオーダー」は、トークンがユーザーの指定した価格と期間に応じて自動的にトークンスワップができる機能だ。なお、この指値注文の発注と約定にかかるコストは発生しないとのこと。

そして「データ&インサイツ」では、トレーダー向けにチャート、プール・データ、取引ログ、その他の関連情報を提供するという。ユーザーは同ページから直接スワップ、購入、送信、指値注文が行えるため、リサーチからスワップまでの工程をシームレスに行えるという。

なお「リミットオーダー」と「データ&インサイツ」はすでに提供が開始されている。

ちなみにユニスワップの新バージョンプロトコル「ユニスワップv4(Uniswap v4)」のイーサリアム(Ethereum)メインネットでのリリース目標は、今年の第3四半期に暫定的に設定されている。

関連ニュース

参考:ユニスワップラボ
images:iStocks/Priyanka-Naskar

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【4/19話題】アプトスラボが金融機関向けプラットフォーム「Aptos Ascend」構築へ、バイナンスが違約金支払いインド再参入かなど

アプトスラボ、マイクロソフト・SKテレコム・ボスコンらと提携。金融機関向けプラットフォーム「Aptos Ascend」構築へ、バイナンス、約3億円の違約金を支払いインド再参入か=報道、バイナンスがドバイでVASPライセンス取得、個人投資家にもサービス提供可能に、バイナンス、トークンローンチプラットフォーム「Megadrop」公開。「BounceBit(BB)」取扱へ、イーサリアムのモバイルOS開発「ethOS」、web3スマホ「ethOS phone」発売開始、米クラーケン、独自開発のセルフカストディウォレット「Kraken Wallet」リリース、OKX、レイヤー2ブロックチェーン「X Layer」ローンチ