ビットフライヤー、預かり総資産7000億円を突破

ビットフライヤーの預かり総資産が7000億円に

国内暗号資産(仮想通貨)取引所ビットフライヤーが、ユーザーからの預かり総資産が7,000億円を突破したことを2月16日発表した。

発表によるとこの数字は、2月16日に記録したものであり、2023年12月31日時点では国内最大の預かり総資産になるとのことだ。

ビットフライヤーでは2月9日より、同取引所では初、国内では5例目となるIEOを実施。HashPalette(ハッシュパレット)発行の「エルフトークン(ELF)」の購入申し込みを2月20日まで受け付けている。

またビットフライヤーは今月2月に入り、アクシーインフィニティ(AXS)、ディセントラランド(MANA)、イミュータブル(IMX)、エイプコイン(APE)、チリーズ(CHZ)を立て続けに取り扱い開始。今回の発表と同日にはダイ(DAI)の取り扱い予定を発表している。

ちなみに2月14日には国内暗号資産取引所SBI VCトレードが、ユーザーからの預かり総資産が1,000億円を突破したことを発表している。

関連ニュース

参考:ビットフライヤー
images:iStocks/Aleksei_Derin

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【5/29話題】アニモカJPらがIVVYのライブでweb3ロイヤリティプログラム、NTTデジタルがOpenWallet Foundation加盟など

アニモカJPと三井物産ら、IVVYのライブでweb3ロイヤリティプログラムのPoCへ、NTTデジタルが「OpenWallet Foundation」に加盟、民間企業で日本初、東証スタンダード上場メタプラネット、2.5億円分のビットコイン追加購入を予告、米ナスダック上場の医療機器メーカーSemler Scientific、約62億円相当のビットコイン購入、ブラックロック、2つのファンドで自社のビットコイン現物ETF「IBIT」を購入・運用、MRIと山陰合同銀行、「デジタル地域通貨事業」の共同実施へ。地域経済活性化に向け、暗号資産マイニング企業Riot Platforms、競合Bitfarms買収へ、イーサリアム「Pectra」アップグレード、25年Q1目標に開発へ