暗号資産メディアThe BlockとマーケットメイカーWintermute、デジタル資産インデックス会社を新設

ETFブームの中でインデックス・プロバイダー新設

暗号資産(仮想通貨)マーケットメイカーのウィンターミュート(Wintermute)と米大手暗号資産(仮想通貨)専門メディア「ザ・ブロック(The Block)」が共同で新会社を立ち上げたと2月12日発表した。

オランダで設立された新会社「GMCI」は、インデックス・プロバイダーとして運営されていくとのこと。

同社CEOには大手マーケットメイカーのオプティバー(Optiver)で15年以上の経験を積んだマールテン・ボットマン(Maarten Botman)氏が就任し、取締役会には、ザ・ブロックのCEOであるラリー・サーマック(Larry Cermak)氏とウィンターミュートのCEOであるエフゲニー・ゲイヴォイ(Evgeny Gaevoy)氏が名を連ねる。

同社ではインデックス商品「GMCI 30インデックス」を提供し、時価総額上位30の暗号資産の価格パフォーマンスをトラッキングするという。なお同商品は上位資産のウェイトをインデックス総額の最大25%とする構造となっているとのことだ。

同インデックスに採用されるための基準は、選ばれた8つの中央取引所(CEX)のうち少なくとも1つに上場され、選ばれた3つのカストディアンのうち少なくとも1つによってサポートされている必要があるという。さらに、その資産の包括的な時価総額データが入手可能であることも必須条件の一つだ。

同商品は暗号資産及び伝統的金融の投資家に対し、「リターンより広範な市場パフォーマンス、リスク管理を評価するためのクラス最高のベンチマークを提供する」と同社は述べている。

なおGMCIは今後、「GMCI 30インデックス」以外にもデジタル資産に特化した業種別指数を提供し、幅広い金融商品や投資戦略をサポートする予定とのことだ。

GMCIの立ち上げは、現物ビットコインETFの導入等、暗号資産関連の金融商品への関心の高まりに対応するものだという。このような需要と暗号資産インデックスが普及していない現状のギャップを埋めることが「GMCI」の目的とのことだ。

関連ニュース

参考:発表
images:iStocks/Muhammad-Farhad

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【4/17話題】アバランチ上にトークン化のホームエクイティローン、a16zが新ファンドで72億ドル調達など

米ホミウムが「ホームエクイティローン」をトークン化、Avalancheで発行、a16z、5つの新ファンドで72億ドル調達、オフチェーンラボ、新たな不正行為証明「Arbitrum BOLD」をテストネットローンチ、ペイパル、NFTの購入者と出品者を保護プログラムの対象外に、ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ、ドイツ連邦銀行とMIT、「中銀デジタル通貨」の共同研究

ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ

ソラナ(Solana)上の分散型取引所(DEX)「ドリフト(Drift)」の独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施とその割り当て数が公開された。「ドリフト」のDAO(自立分散型組織)「ドリフトDAO財団(Drift DAO Foundation)」が4月16日発表した。なおエアドロップの実施日については明らかになっていない

【4/16話題】香港でビットコインとイーサリアムの現物ETFが承認、STEPNがアディダスとNFTスニーカーなど

香港SFC、ビットコインとイーサリアムの現物ETFを承認、STEPNがアディダスと提携、1000個限定のコラボNFTスニーカー発売へ、独連邦銀行LBBW、暗号資産カストディ事業に参入へ、お好み焼専門店「千房」がLINE NEXTと提携、クーポン等をNFTで販売へ、アスターの「Astar zkEVM」が問題解決で正常稼働、「Polygon CDK」に原因と報告、モジュール型ブロックチェーン「Avail」がエアドロップ実施か、X匿名アカウントがリーク、ブエノスアイレス当局がワールドコイン(WLD)提訴、ユーザー保護法違反で1.7億円の罰金可能性も