PoW版イーサリアム「ETHW」のコアチーム解散、自律性の実現を目的に

ETHWのコアチーム解散

イーサリアムPoW:EthereumPoW(ETHW)のコミュニティが、同ブロックチェーンのコア開発チーム解散に関する声明文を12月18日公開した。

声明文によるとこの解散は、イーサリアムPoWの完全な自律性の実現を目的としたものであるという。徹底的な議論と過半数の合意に基づいた全会一致の決定であるとのことだ。

また同コミュニティは、「チェーンの基本的なコンセンサスとしてPoWを支持し、それを長期にわたって維持する」とし、また「分散型ガバナンスを採用し、神のいないパブリックチェーンとなる」と声明している。

なお同コミュニティは「私たちは、ETHWがコアのサポートなしに独立して運用される可能性を調査・検証し、そのようなシナリオにおけるETHWの基本的な技術的・運用的条件を確認しました。コア開発組織を解散する条件は成熟しており、今こそ約束を果たすときです」と述べている。

「イーサリアムPoW」は、2022年9月15日に実行されたイーサリアム(Ethereum)メインネットの大型アップグレード「マージ(The Merge)」後に発生したブロックチェーン。「マージ」によりイーサリアムのコンセンサスアルゴリズムがPoWからPoSに移行し、残存したPoWチェーンが分岐され「イーサリアムPoW」が始動した。

「イーサリアムPoW」はPoWの維持を目的に、今までのPoWチェーンでマイニングを行っていたマイナーらが中心となって分岐をした。

関連ニュース

参考:ETHW
images:iStocks/smagilov

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【6/21話題】ビットフライヤーがFTX JPの買収合意、カナダでソラナのETP上場申請など

ビットフライヤーがFTX Japanの買収合意を正式発表、暗号資産のカストディと現物ETF提供を目指す、カナダ大手デジタル資産運用3iQ、カナダでソラナのETP上場を申請、米マイクロストラテジーがビットコイン追加購入、保有総数226331BTCに、ワールドコインがケニアでの事業再開へ、警察の捜査中止を受け、レイヤーゼロ、ZROエアドロ請求に寄付制度「Proof-of-Donation」導入、コインベースにLayerZero(ZRO)上場、CFTCがJump Tradingを調査中か=報道、インド金融情報機関、バイナンスへ225万ドルの罰金命令、野村HD子会社レーザーデジタル、アブダビグローバルマーケット(ADGM)のライセンス取得プロセス完了、ゲーム特化のソラナL2「ソニック」、シリーズAで1200万ドル調達

Sponsored