バイナンスからCZ辞任で約1430億円の資産引き出し、保有残額から見て流出は少額

CZ辞任でバイナンスから約1430億円の資産引き出し

大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)から、11月23日21:00時点から過去約24時間の間に約9億5,600万ドル(約1,429.2億円)が引き出されたことが、市場データから明らかになった。

同取引所CEOのチャンポン・ジャオ(Changpeng Zhao:CZ)氏が、数年にわたる米国での不正金融捜査に決着をつけるため、22日に有罪を認め退任し、服役することになったためである。

バイナンスは米国当局との和解のため、合計で約43億ドル(約6,370.3億円)の罰金を支払うことになった。この取引は、世界最大の暗号資産取引所の将来に疑問を投げかけるものとなり、スキャンダルに悩まされる暗号資産業界にとって新たな打撃となった。

なおCZ氏の後任には、2021年にバイナンスに入社した上級幹部のリチャード・テン(Richard Teng)氏が就任したという。

22日の時点では、CZ氏が最終的にどれほどの懲役刑に服することになるのか、またバイナンスの創業者であり大株主でもある同氏が、当局との和解条件の下、同取引所に対しどれだけの影響力を行使し続けられるのかについては、依然として不透明なままである。

一部のアナリストは、バイナンスが米国の証券取引法を破ったとするSEC(証券取引委員会)の告発がまだ解決していないことから、今回の取引による同取引所の米国での法的苦境が終わる可能性は低いと指摘している。

データ会社ピッチブック(PitchBook)のクリプトアナリストであるロバート・ル(Robert Le)氏は「バイナンスが完全に危機を脱したわけではない。現在進行中のSECとの民事訴訟は、同取引所にとって依然として懸念材料であり、さらなる罰金を科される可能性が高い」と述べている。

暗号資産分析プラットフォームのナンセン(Nansen)提供のデータからみると、一部の投資家がこのニュースに動揺し、バイナンスから約9億5,600万ドルを引き出したことが示されている。ただし、バイナンスに残っている650億ドル(約9.7兆円)以上の資産に比べれば流出額は少ないとナンセンは指摘している。

当局は少なくとも2018年からCZ氏とバイナンスを調査してきたが、同氏の辞任は業界で最も有力な人物としての劇的な展開を意味する。アラブ首長国連邦(UAE)に居住するCZ氏は、22日にシアトルの栽培所へ嘆願書を提出した。

CZ氏は連邦政府のガイドラインに基づき、最高で18か月の実刑判決に直面し、その刑期まで上訴しないことに同意している。検察当局は、2月23日にシアトルで行われるCZ氏の量刑公判の間近に、どの程度の懲役刑を求刑するかについて見解を示す予定であると、司法省の報道官が22日に述べている。

CZ氏は1億7,500万ドルの保釈保証金を支払い、さらに1,500万ドルが信託口座に保管されていることが、裁判所に提出された書類から分かっている。同氏は判決の14日前までに米国に戻ることに同意している。

ロイターは、CZ氏の所在確認はできなかった。22日の審問でCZ氏の弁護士は、同氏は27日夕方までシアトル近郊に留まり、裁判官が政府との合意に異議を唱えなければ、USEに戻れると述べた。しかしその後、連邦検察当局は連邦判事に対し、2月の判決前にCZ氏が米国本土から出国するよう阻止を求めた。

なお法律専門家の中には、CZ氏が1年以上刑務所で過ごすとは予想しておらず、それ以下の期間になるかもしれないという者もいる。同様にAML(マネーロンダリング防止対策)違反で有罪を認めたビットメックス(BitMEX)の元責任者アーサー・ヘイズ(Arthur Hayes)氏が引き合いに出されている。

ヘイズ氏は、政府が実刑を求めていたにもかかわらず、最終的には6か月の自宅謹慎を2022年に言い渡されている。その他起訴されたビットメックスの幹部は服役していない。

しかしFTXの創設者であるサム・バンクマン=フリード(Sam Bankman-Fried)氏は、取引所の顧客の資産を搾取した罪で今月有罪判決を受け、今後は数十年刑務所で過ごす可能性もある。

容疑事実に基づけば、検察はCZ氏へさらに重い刑となる罪で起訴できた可能性があるというが、CZ氏を逮捕を避けるために海外に留まる可能性と天秤にかける必要があったと法律専門家は話している。

また今回の和解案は、CZ氏がバイナンスの運営や管理における現在から将来まで関与することを禁じている。しかしながらCZ氏はバイナンスの大株主であり、22日には和解案における取引と一貫性を保ちながら、必要に応じてチームの相談に乗ると述べている。

関連ニュース

※この記事は「あたらしい経済」がロイターからライセンスを受けて編集加筆したものです。
Binance sees $956 million in outflows after Zhao steps down to settle US probe
Additional reporting by Luc Cohen; Editing by Michelle Price, Richard Chang and Jamie Freed
翻訳:大津賀新也(あたらしい経済)
images:Reuters

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【4/17話題】アバランチ上にトークン化のホームエクイティローン、a16zが新ファンドで72億ドル調達など

米ホミウムが「ホームエクイティローン」をトークン化、Avalancheで発行、a16z、5つの新ファンドで72億ドル調達、オフチェーンラボ、新たな不正行為証明「Arbitrum BOLD」をテストネットローンチ、ペイパル、NFTの購入者と出品者を保護プログラムの対象外に、ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ、ドイツ連邦銀行とMIT、「中銀デジタル通貨」の共同研究

ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ

ソラナ(Solana)上の分散型取引所(DEX)「ドリフト(Drift)」の独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施とその割り当て数が公開された。「ドリフト」のDAO(自立分散型組織)「ドリフトDAO財団(Drift DAO Foundation)」が4月16日発表した。なおエアドロップの実施日については明らかになっていない