米BitGoがステーキング事業に参入、リブラ協会からペイパル離脱寸前か、日本仮想通貨ビジネス協会がセキュリティトークン規制に関する提言書発表などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

ラジオ「あたらしい経済ニュース」では、ブロックチェーン・仮想通貨・トークンエコノミーについての最新ニュースの解説を編集部メンバーが平日毎日ラジオ音声でお届けします。またニュースの要点をまとめたトピックスも掲載していますので、ぜひとも1日のニュースのチェックにご活用ください(ラジオの再生はページ下部参照)。

米カストディ企業BitGoがステーキング事業に参入

・カストディ企業であるBitGoが仮想通貨のDASHとALGOをサポートするために、ステーキング事業に参入することをThe Blockが報じた

・また同社はステーキングインフラスタートアップのHedge(ヘッジ)の買収も行ったようだ。それにより、BitGoはHedgeの自動化されているデプロイ環境、HSMモジュール、技術力の高い暗号化技術をBitGoのサービスに組み入れた

・この買収により最高技術責任者チャン氏は「BitGoは自動化した状態でユーザーとクライアント同士のステーキングサービスを提供できるようになると」コメント

Libra協会からペイパルが離脱寸前か

・PayPalが本格的にリブラ協会から脱退する可能性があると、フィナンシャル・タイムズが10月3日に報じた

・フィナンシャル・タイムズによると、Libraは10月3日にワシントンで開催されたリブラ協会の会合に参加しなかったようだ

・なおこの会合にはLibra協会の28社全てが参加する予定だった。それにもかかわらず、PayPalだけが欠席した

日本仮想通貨ビジネス協会が、セキュリティトークン規制に関する提言書を発表

・日本仮想通貨ビジネス協会(JCBA)が、「セキュリティトークン規制に関する提言書」を発表

・この提言書は、JCBAが日本のセキュリティトークン規制のあり方について、ICO・STO検討部会にて議論を行い、9月6日に取りまとめたもの

・提言書は、「第一項有価証券に該当するセキュリティトークンの開示に関する規制」「第一項有価証券に該当するセキュリティトークンの二次流通市場の整備」「改正金商法第2条第3項における電子記録移転権利の適用除外要件」について言及されている

提言書はこちら

PoLとカイバーネットワークが協業を開始し、共同カリキュラムを作成へ

・オンライン学習サービス「PoL(ポル)」を運営する株式会社techtecが、Kyber Networkとの協業開始したことを発表 ・Kyber Networkは、オンチェーンであらゆるトークンをシームレスに交換するためのプロトコルを開発するクロスチェーンプロジェクト

・今回の協業により、同社はKyber Networkチームと共同で、ブロックチェーンのプロトコルレイヤーに近い部分を学習できるカリキュラムを制作するとのこと

・具体的カリキュラムの内容は、「流動性を確保した分散型取引所(DEX)の仕組み」や「クロスチェーンとは何か」などについて ・なおカリキュラムの公開は10月末を予定しているとのこと

イーレックス、シェアリングエネルギー、Power Ledger が、 ブロックチェーンを活用した電力の「P2P 取引の共同実証実験」を開始

・イーレックス株式会社、株式会社シェアリングエネルギー、Power Ledger Pty Ltdが、ブロックチェーン技術を活用した、再生可能エネルギーの個人間取引「P2P電力取引」を可能とする次世代電力システムの共同実証実験を開始することを発表

・同実証実験の実施期間は、2019年10月から12月までを予定しており、関東エリアで行われる

・同実証実験の目的は、トークンを活用したP2P電力取引による、消費者行動への影響とインセンティブ設計の検証とのこと

・実証実験の内容は、Power Ledger社のブロックチェーン技術を活用して、シェアリングエネルギー社が展開する太陽光発電システムを保有する需要家(プロシューマー)から発電された再生可能エネルギーを、イーレックスグループの電力消費者(コンシューマー)に対して売電する、P2P 電力取引の実現可能性を検証する

 

※詳しくはニュース解説は以下のラジオでお楽しみください

ラジオ再生は以下から(再生ボタンを押して10秒程度お待ちください)

Apple Podcastで聴く

Apple の Podcastでも配信しております。以下から購読いただくことで、お気軽にラジオをお楽しみいただけますのでぜひご利用ください。

→Apple Podcastを聴く

https://itunes.apple.com/jp/podcast/id1418374342?mt=2

Android スマートフォンで聴く

Android スマートフォンでもGoogle PlayよりPodcastアプリをインストールいただくことでお気軽にラジオをお楽しみいただけますのでぜひご利用ください。

→Android スマートフォン Podcastを聴く

(images:iStock / artsstock)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

ブロックチェーン活用の貿易情報連携プラットフォーム「TradeWaltz(トレードワルツ)」にNTTデータや三菱商事ら7社が共同出資

株式会社NTTデータ、三菱商事株式会社、豊田通商株式会社、東京海上日動火災保険株式会社、株式会社三菱UFJ銀行、兼松株式会社、損害保険ジャパン株式会社の7社が、ブロックチェーン技術を活用した貿易情報連携プラットフォーム「TradeWaltz(トレードワルツ)」を運営する株式会社トレードワルツに対して共同出資を行うことを10月27日に発表した

SBI日本少短とコンセンサス・ベイスがエンタープライズ向けブロックチェーン「コルダ(Corda)」を用いた代理店・募集人管理基盤システム開発

SBIホールディングスグループのSBI日本少額短期保険株式会社(SBI日本少短)とブロックチェーン開発企業であるコンセンサス・ベイス株式会社が、エンタープライズ向けブロックチェーン・プラットフォーム「コルダ(Corda)」を活用した少短会社(少額短期保険業者)向け「代理店・募集人管理基盤システム」を開発したことを10月27日プレスリリースにて発表した

クオントスタンプ(Quantstamp)がイーサリアム2.0クライアントの監査完了「フェーズ0のローンチは非常に近い」

スマートコントラクト監査会社のクオントスタンプ(Quantstamp)がイーサリアム2.0のクライアントであるTeku(テク)の監査を終え「イーサリアム2.0(Ethereum2.0)のリリース準備はほとんど整っている」との意見を示したことをブロックチェーンメディアDecryptが10月26日に報じた。

スイス国立銀行と国際決済銀行が2020年内に中央銀行デジタル通貨(CBDC)の実証実験開始か

スイス国立銀行(SNB)と国際決済銀行(BIS)が2020年内に中央銀行デジタル通貨(CBDC)の実証実験を行う計画があることを、BIS Innovation Hubの責任者を務めるブノワ・クーレ(Benoit Coeure)氏が10月25日に上海で開催されたバンド・サミット(Bund Summit)で明らかにしたことを中国のニュースメディア「The Paper」が報じた。

中国人民銀行がデジタル通貨発行へ向け銀行法改正の公開協議、露中銀総裁が21年末までにデジタル通貨試験導入可能性を示唆などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

中国人民銀行がデジタル人民元発行を目的に銀行法改正の公開協議開始、ロシア中央銀行総裁が2021年末までにデジタル通貨試験導入の可能性を示唆、米内国歳入庁(IRS)が2020年度の個人所得税申告書(Form1040)に暗号資産取引・保有の有無の記入欄を作成、慶応大や伊藤忠テクノらが卒業見込証明書などをスマートフォンアプリへ発行する次世代デジタルアイデンティティ基盤の実証実験開始