JPモルガンのJPMコイン、毎日約1,502億円の取引を処理=報道

今後も利用拡大を予定

金融大手JPモルガン(JPMorgan)の開発・運用する独自通貨「JPMコイン(JPM Coin)」が、毎日10億ドル(約1,502億円)相当の取引を処理しているという。ブルームバーグが10月26日報じた。

JPモルガンのペイメント・グローバル責任者であるタキス・ゲオルガコプロス(Takis Georgakopoulos)氏はブルームバーグTVのインタビューにて、今後も「JPMコイン」を利用拡大させる予定だと明かしている。

「JPMコイン」はJPモルガンのブロックチェーンプラットフォームである「オニキス(Onyx)」の「Coin Systems(コインシステム)」の一部で、2019年立ち上げの企業間決済に特化したデジタル通貨だ。

「JPMコイン」により大手多国籍企業などのホールセール(金融機関などの大口業務)顧客は、世界中のJPモルガンの様々な口座間でドルやユーロの送金実施や、ブロックチェーンを使って同行の他の顧客に支払いが行える。また「JPMコイン」での決済は、常時稼働しており、迅速な支払いが可能であるという。

なお「オニキス(Onyx)」はJPモルガンが2020年に設立した銀行主導型ブロックチェーン・プラットフォームだ。

関連ニュース

参考:ブルームバーグ
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Who_I_am・LewisTsePuiLung

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【2/22話題】スターテイルがサムスンらから約5億円調達、エルフトークン(ELF)の付与延期「協議中の事項」でなど

アスター渡辺創太のスターテイル、サムスンとUOB銀行から約5億円の追加調達、国内5例目IEO「エルフトークン(ELF)」の付与延期、ハッシュパレットとビットフライヤーで「協議中の事項」により、PBADAO、暗号屋、幻冬舎がブロックチェーンエコシステム研究所「TRI」発足、ユースケースが学べるレポート公開、Zaifが今春からステーキングサービス提供へ、チューリンガムと共同開発で、オーケーコインジャパンにソラナ(SOL)上場へ、メタマスクの「セキュリティアラート」、ポリゴンやアバランチ、BNBチェーンなどでも利用可能に、イーサリアムL2のOptimism、4回目の「OP」エアドロップ開始、韓国与党、暗号資産収益への課税を2年延期の提案=報道、バイナンス、レバレッジトークンのサービス廃止へ、Japan Fintech Weekサイドイベント「MPCウォレットFireblocksが変えるWeb3金融ビジネス」2/28開催

【国内初】オーケーコイン・ジャパンにアプトス(Aptos)上場へ、2月26日よりAPTが当たるキャンペーンも

国内暗号資産(仮想通貨)取引所オーケーコイン・ジャパン(OKCoinJapan)が、アプトス(APT)の上場予定を発表した。上場は2月26日17時の予定で、アプトス(APT)の取り扱いは国内の取引所では初の事例となる。なお今回の発表に合わせ、同社はAPT上場記念キャンペーンの開催も発表した(詳細記事後半)。

Sponsored