「FiNANCiE」運営のフィナンシェ、TISと資本業務提携

フィナンシェがTISと資本業務提携

トークン発行型クラウドファンディングサービス「FiNANCiE」運営のフィナンシェが、TISインテックグループのTISとの資本業務提携の締結を7月25日発表した。

両者はこの提携により、金融包摂と地域課題解決等を主要テーマとした両社ビジネスの更なる拡大に努めるとのこと。

フィナンシェの地域・スポーツ軸でのトークンエコノミクスと、TIS が持つ決済機能を中心とした社会システム基盤との連携により、コミュニティトークン・NFT関連事業における、決済機能組み込みを中心とした共同事業推進と既存金融サービスの繋ぎこみ、そしてふるさと納税や電子住民票とのデジタル通貨による関係人口構築の実現に向けたビジネス拡大を目指していくとのことだ。

なお長期的にはIEO(イニシャルエクスチェンジオファリング)支援やセキュリティ分野での連携も予定しているという。

IEO支援では、全体プロセスサポート、トークンエコシステム・ユーティリティの実装、セキュリティ監査などで両者は連携を予定。そしてセキュリティ分野では、トークンエコシステムを高セキュリティ運用するための連携およびマネーロンダリング等の分析監視における連携を予定しているとのことだ。

関連ニュース

images:iStocks/Lidiia-Moor

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【5/24話題】米SECがイーサリアム現物ETF承認、NYでXRPの取引再開、かぼすちゃん亡くなるなど

米SEC、イーサリアム現物ETF上場の取引所申請を承認、米コインベース、NYで「XRP」の取引再開、野村HD、ブロックチェーンのバリデータ事業など行うKudasai子会社Omakaseに出資、香港SFC、イーサリアム現物ETFのステーキング許可を検討か=報道、ドージコイン(DOGE)のモデル「かぼすちゃん」亡くなる、STEPN運営のFSL、web3ライフスタイルアプリ「STEPN GO」αテスト開始、GMOコイン、「暗号資産FX」に6銘柄追加(DOT・ATOM・ADA・LINK・DOGE・SOL)、メタマスクがビットコイン(BTC)のサポート開始か=報道、「FRBと日銀がビットコインを100万ドルに上昇させるカギ」、アーサーヘイズ考察