米SEC、バイナンスとCZを提訴。ビットコイン3カ月ぶり安値

米SECがバイナンスを提訴

米証券取引委員会(SEC)が、海外暗号資産(仮想通貨)取引所の最大手であるバイナンス(Binance)と同社CEOチャンポン・ジャオ(Changpeng Zhao:CZ)氏らを6月5日に提訴した。これを受け、ビットコイン(BTC)は約3カ月ぶりの安値に下落した。

SECは、バイナンスが取引量を人為的に膨らませ、顧客の資金を流用した他、米国の顧客が国外の交換所で取引できるようにし、市場規制について投資家に誤解を与えたなどと指摘。ワシントンDCの連邦裁判所に提出された訴状には、バイナンスとCZ氏、同社の米交換所運営会社に対する13の容疑が記載されている。

またSECは、バイナンスとCZ氏が顧客資産を分別管理せず、同氏が所有する別の会社に移していたと指摘。バイナンスが「米証券法を回避する巧妙な計画の一環」として米国法人を設立したともSECは主張した。

SECは、CZ氏が所有する会社が約3年前から2022年6月までの期間にて、いわゆるウォッシュトレードを行い、米暗号資産取引所「バイナンスUS」上の暗号資産証券の取引量を人為的に膨らませていたとした。

SECのゲイリー・ゲンスラー(Gary Gensler)委員長は声明で、CZ氏とバイナンス関連会社が「大掛かりな偽り、利益相反、開示の欠如、計画的な法律回避に従事した」と述べた。

バイナンスは声明で、SECと当初から積極的に協力してきたとし、その主張に反対すると表明。合理的な解決策の模索にともに取り組んできたが、SECが土壇場で新たな要求を出して提訴したとし、SECの措置は「他の規制当局から管轄権を主張」するための試みに見えるとした。

またバイナンスはブログで「私たちのプラットフォームを断固として守るつもりだ」とした上で「バイナンスは米国の交換所ではないため、SECの措置が及ぶ範囲は限られる」と指摘。「バイナンスとバイナンスUSを含む系列プラットフォームの顧客資産は全て安全だ」と強調した。

なおバイナンス提訴のニュースを受け、ビットコインは一時6%下落。バイナンスが発行する時価総額4位の暗号資産BNBも5%超下落した。

バイナンスを巡っては、米商品先物取引委員会(CFTC)も今年3月に「違法な」交換所を運営し、コンプライアンス対策に実体がなかったとして同社とCZ氏ら経営陣を提訴していた。

関係筋によるとバイナンスは、マネーロンダリング(資金洗浄)と制裁違反の疑いで司法省の調査も受けている。

関連ニュース

※この記事は「あたらしい経済」がロイターからライセンスを受けて編集加筆したものです。
米SEC、バイナンスを提訴 ビットコイン3カ月ぶり安値
images:Reuters

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【6/14話題】イーサリアム現物ETFの米承認は今夏中か、BORAが国内初上場へ、マイクロストラテジーの転換社債など

米SEC委員長、イーサリアム現物ETFの上場承認は「今夏中」と発言、欧州銀行監督機構、間もなく発効のMiCA遵守に基づき企業に遵守求めるガイドライン公表、国内初、Zaifにボラ(BORA)上場へ、マイクロストラテジーが5億ドルの転換社債を販売へ、ビットコイン追加購入目的で、ZKsyncの「ZK」エアドロに抗議集まる、上場中止を求める声も、コインベースにweb3ゲームの「Pirate Nation(PIRATE)」上場へ、ニア財団、NEAR DAなど推進の独立組織「Nuffle Labs」設立、DEX「Sushi」、DAOと評議会を統合した新ガバナンスモデル導入、ソラナラボ、海外ブランド向けロイヤルティプラットフォーム「Bond」立ち上げ、USDC発行の米サークル、「プログラマブルウォレット」をソラナ対応開始

Sponsored